ページトップ

[本文へジャンプ]

報道・広報
観光庁ホーム > 報道・会見 > トピックス > 2015年 > 太田大臣が箱根を視察
ページ本文

太田大臣が箱根を視察

印刷用ページ

最終更新日:2015年8月17日

 太田大臣は、平成27年8月17日(月)に箱根町に出張し、箱根町長等と箱根町の現状及び今後の対応について意見交換を行いました。

 箱根町長からは、正確な情報提供や観光の復興などについて国による一層の支援をお願いしたい、との要請がありました。

 これに対し、太田大臣からは、「観測体制の一層の強化のため、空振計、広帯域地震計、遠望カメラを各1台増設する。機動観測班2名を箱根町に常駐させ、毎日、最新状況を箱根町の担当者等関係者に提供する。」「より旅行者の目線に立って、例えば現在でも箱根の周遊ができるなど、正確で最新の役立つ情報を更に提供する。」「9月に開催されるツーリズムEXPOジャパンで箱根の現状をPRする。」など国の支援の強化について発言しました。

 また、その後、箱根湯本駅前商店街を視察し、商店主などから現場の実情をお聞きしました。



a
箱根町長等との意見交換会で挨拶する太田大臣
a
箱根湯本駅前商店街を視察する太田大臣
                    
              
このページに関するお問い合わせ
観光庁観光地域振興部観光地域振興課 平林、近藤、丁野
代表:03-5253-8111(内線 27704、27821)