ページトップ

[本文へジャンプ]

報道・広報
観光庁ホーム > 報道・会見 > トピックス > 2017年 > 東北観光推進機構・清野会長と田中副大臣が意見交換
ページ本文

東北観光推進機構・清野会長と田中副大臣が意見交換

印刷用ページ

最終更新日:2017年3月6日

 田中良生副大臣は、平成29年3月6日、東北観光推進機構・清野 智会長(JR東日本会長)と、東北の観光復興の加速化に向けた意見交換を行うとともに、仙台駅や仙台国際空港等のインバウンドの受入環境整備状況を視察しました。
 意見交換の中で、田中副大臣は、「東北地方は全国的なインバウンド急増の流れから大きく遅れ、依然厳しい状況が続いている。東北の観光復興のためには、東北の各県と民間がしっかりと連携した取組が重要であり、国としても支援していきたい。」と述べました。
 また、仙台駅では昨年4月にリニューアルされた仙台市観光情報センターや、昨年民営化された仙台国際空港の整備状況を視察しました。
東北観光推進機構と意見交換を行う田中副大臣
▲東北観光推進機構と意見交換を行う田中副大臣
仙台駅の仙台市観光情報センターを視察する田中副大臣
▲仙台駅の仙台市観光情報センターを視察する田中副大臣
仙台国際空港を視察する田中副大臣
▲仙台国際空港を視察する田中副大臣