ページトップ

[本文へジャンプ]

報道・広報
観光庁ホーム > 報道・会見 > トピックス > 2012年 > スポーツツーリズム推進に関する「都道府県・政令市観光担当課長会議」を開催しました!
ページ本文

スポーツツーリズム推進に関する「都道府県・政令市観光担当課長会議」を開催しました!

印刷用ページ

最終更新日:2012年10月18日

 観光庁では、9月28日(金)に「都道府県・政令市観光担当課長会議」を開催し、2019年ラグビーワールドカップの成功、2020年オリンピック・パラリンピックの東京招致成功に向けて、観光の観点からの情報共有を図りました。当該会議の開催にあたり、特定非営利活動法人東京2020オリンピック・パラリンピック招致委員会一般財団法人ラグビーワールドカップ2019組織委員会一般社団法人日本スポーツツーリズム推進機構(JSTA:ジャスタ)、特定非営利活動法人One‘s Handsプロジェクト及び文部科学省の協力をいただきました。

1 開催概要

(1)  開催日時:平成24年9月28日(金)14:00~16:00
(2)  開催場所:東京都港区 三田共用会議所大会議室
(3)   出 席 者:各都道府県・政令市 観光担当課長等 72名

2 主な議事

(1)来年9月7日の開催都市決定に向けて、オリンピック・パラリンピックの日本開催と観光振興について、招致委員会評議会委員の溝畑宏内閣官房参与からの説明(資料1)の後、ロンドンオリンピックJOCジャパンハウスの事務局運営統括を務めた丸山智弘氏がロンドンオリンピックにおけるイギリスの状況について説明(資料1-2)を行った。

(2)今年4月に設立された日本スポーツツーリズム推進機構(JSTA:ジャスタ)の活動について、スポーツコミッションの役割を中心にJSTAの原田宗彦会長(早稲田大学スポーツ科学学術院 教授)が説明(資料2)を行った。

(3)ラグビーワールドカップ2019日本開催について、ラグビーワールドカップ2019組織委員会の徳増浩司事務局長より、試合会場決定プロセスをはじめ、昨年ニュージーランドで開催されたワールドカップの状況について説明(資料3)を行った。

(4)スポーツ基本法に基づくスポーツ基本計画の策定について、文部科学省スポーツ・青少年局スポーツ・青少年企画課 スポーツ政策企画室の西井知紀室長より、スポーツツーリズムとの関係性を中心に説明(資料4)を行った。
 

その他

 その他 
 観光庁では、 競輪、サイクリング、ヒルクライムなど自転車を利用したスポーツは、スポーツツーリズム推進の重要なコンテンツであることから、今年度も(財)日本サイクリング協会(JCA)の「自転車乗用に関する調査研究事業」に協力しており、 レンタサイクルを活用した観光についてのアンケート調査を各都道府県・政令市に依頼した。
議事1 溝畑宏内閣官房参与からの説明
議事1 溝畑宏内閣官房参与からの説明
議事1 One‘s Handsプロジェクト 丸山智弘事務局長からの説明
議事1 One‘s Handsプロジェクト 丸山智弘事務局長からの説明
議事2 JSTA原田宗彦会長(早稲田大学スポーツ科学学術院 教授)からの説明
議事2 JSTA原田宗彦会長(早稲田大学スポーツ科学学術院 教授)からの説明
議事3 ラグビーワールドカップ2019組織委員会 徳増浩司事務局長からの説明
議事3 ラグビーワールドカップ2019組織委員会 徳増浩司事務局長からの説明
議事4 文部科学省スポーツ・青少年局スポーツ・青少年企画課 スポーツ政策企画室の西井知紀室長からの説明
議事4 文部科学省スポーツ・青少年局スポーツ・青少年企画課 スポーツ政策企画室の西井知紀室長からの説明
このページに関するお問い合わせ

観光庁スポーツ観光推進室
 山本
代表 03-5253-8111(内線 27-821)