ページトップ

[本文へジャンプ]

報道・広報
観光庁ホーム > 報道・会見 > トピックス > 2012年 > 「民俗芸能と農村生活を考える会」が開催されます
ページ本文

「民俗芸能と農村生活を考える会」が開催されます

印刷用ページ

最終更新日:2012年12月28日

観光庁は、地域の伝統芸能を活かした観光振興の取組を応援しています。

 社団法人全国農協観光協会は、農山漁村地域の観光振興・活性化に関する取組を行っていますが、このたび農山村地域に古くから伝わる民俗芸能の保存、普及を推進するため「民俗芸能と農村生活を考える会」を開催いたします。
 農山漁村地域に伝わる民俗芸能を招聘し、保存することの意義などについて考えていただくことを目的とした行事です。

公演日時:平成25年2月10日(日)13時~16時(開場12時)
公演会場:日本教育会館3階 一ツ橋ホール
【都営新宿線・半蔵門線】神保町駅(A1出口)下車徒歩3分

観覧の申込方法など詳しくは、社団法人全国農協観光協会HPをご覧ください。
http://www.znk.or.jp/event/20121005.php
このページに関するお問い合わせ
観光庁観光地域振興部観光資源課

代表03-5253-8111(内線27-807)
直通03-5253-8924
【行事の問い合わせ先】
社団法人全国農協観光協会「考える会」ふれあい係
電話03-5297-0323(担当:中村)