ページトップ

[本文へジャンプ]

報道・広報
観光庁ホーム > 報道・会見 > トピックス > 2013年 > 会津復興支援シンポジウム「新島八重と跡見花蹊」
~幕末から明治を駆け抜けた女性~が開催されます!
ページ本文

会津復興支援シンポジウム「新島八重と跡見花蹊」
~幕末から明治を駆け抜けた女性~が開催されます!

印刷用ページ

最終更新日:2013年3月5日

 このたび会津若松市と跡見学園女子大学とのパートナーシップ協定締結を記念し、今話題の女性、新島八重と学祖跡見花蹊に焦点を当てて、その生き方を再考するシンポジウム(主催:跡見学園女子大学、会津若松市、会津若松観光物産協会)が開催されます。
 本シンポジウムの目的は、幕末から明治の激動期を逞しく生きた教育界の先駆者である二人の女性と、21世紀という時代の先端で活躍する会津をはじめとする女性たちの生き様から、「自律・自立」した生き方とは何かを学ぶことです。それがひいては、今なお震災の影響に苦しむ会津の方々への励ましになることを目指しています。 詳細は別添PDFをご覧ください。

【日  時】
 平成25年3月20日(水・祝) 受付13:00 開演13:30

【場  所】
 跡見学園女子大学 文京キャンパス ATOMI BLOSSOM HALL(東京メトロ丸ノ内線茗荷谷駅徒歩2分)

【定  員】
 400名(入場無料)

【応募締切】
 3月15日(金)17時まで受付

【申込方法】
 ○インターネットでのお申込み(以下URLにアクセスください。)
 http://www.atomi.ac.jp/daigaku/event/sympo.html
 
 ○FAXでのお申込み
  (1)「シンポジウム参加希望」と明記ください。
  (2)記入事項
    [1]住所、[2]名前(フリガナもご記入ください)、[3]職業(会社名・学校名)、[4]電話番号
  (3)跡見学園女子大学より「ご招待状」が送られます。
  ★FAX送信先:03-3941-8333(文京キャンパス事務室 シンポジウム担当宛)
このページに関するお問い合わせ
【シンポジウムに関するお問い合わせ】
跡見学園女子大学 文京キャンパス事務室 シンポジウム担当
電話 03-3941-7420
メール event@atomi.ac.jp


観光庁観光地域振興部観光資源課
水口(みなくち)
代表 03-5253-8111(内線27-802)
直通 03-5253-8925