ページトップ

[本文へジャンプ]

報道・広報
観光庁ホーム > 報道・会見 > 報道発表 > 2013年 > 通訳案内士試験の願書受付が始まりました!「準会場制度」を今回の試験から導入します。
ページ本文

通訳案内士試験の願書受付が始まりました!「準会場制度」を今回の試験から導入します。

印刷用ページ

最終更新日:2013年5月20日

■平成25年度通訳案内士試験の願書受付が始まりました。
  ・受付期間: 5月20日(月) ~ 6月24日(月) 
  ・筆記試験: 8月25日(日)
  ・口述試験:12月 8日(日)

■平成25年度は、準会場制度を導入します。普段使っている教室で通訳案内士試験を受験することができるようになります。


 通訳案内士試験の筆記試験は、札幌、仙台、東京近郊、名古屋、大阪近郊、広島、福岡、那覇の8地域の試験会場で開催されます。平成25年度の筆記試験では、これらの本会場に加えて、学校を準会場として筆記試験を実施することとしました。
 準会場制度とは、内部に一定数の受験者がいる学校が、教室等を提供することにより、筆記試験の試験会場となることができる制度です。
 これにより、普段通学している学校の教室で通訳案内士試験を受験することが可能となり、学生をはじめとした受験者にとって、より受験しやすい環境を提供することができます。
 5月20日現在、平成25年度試験で準会場となるのは次の専門学校です。

  ○駿台トラベル&ホテル専門学校(東京都豊島区)
  ○東京観光専門学校(東京都新宿区)
  ○早稲田文理専門学校(東京都豊島区)

 通訳案内士試験は、これからも、もっと学生に親しみやすい試験を目指していきます。


このページに関するお問い合わせ
観光庁観光地域振興部観光資源課 
谷、地主
代表 03-5253-8111(内線27-805、27-804)
直通 03-5253-8924
FAX 03-5253-8930