ページトップ

[本文へジャンプ]

報道・広報
観光庁ホーム > 報道・会見 > トピックス > 2015年 > 旅で日本の若者に無限の可能性を!学生に旅行の意義・素晴らしさを伝える「若旅★授業」を都立小川高校にて実施します。
ページ本文

旅で日本の若者に無限の可能性を!学生に旅行の意義・素晴らしさを伝える「若旅★授業」を都立小川高校にて実施します。

印刷用ページ

最終更新日:2015年7月2日

若者旅行振興に向けた取組みの一環として、都立小川高校にて「若旅★授業」を実施します。
講師として、安藤美冬さん(株式会社スプリー 代表/コラムニスト)をお招きし、授業を行います。

若者が旅を通じて今まで知らなかった世界と触れ合うことで視野を広げ、触れ合う過程で生きる力を伸張させるための第一歩としてまずは「旅に出たい、出よう」という気持ちへの働きかけを行うべく、観光庁では旅に精通した方を講師として派遣し、学生に旅の意義・素晴らしさを伝える「若旅★授業」を行っております。
「若旅★授業」は、平成25年2月から開始し、この度20回目を以下のとおり行います。

実施概要

1 実  施  日 : 平成27年7月13日(月)  10:45~11:35

2 実  施  校 : 都立小川高校 高校3年生 約320名対象

3 実施会場 : 都立小川高校

4 講       師  : 安藤 美冬(アンドウ ミフユ)さん/株式会社スプリー 代表/コラムニスト
         1980年生まれ、東京育ち。慶応義塾大学在学中にアムステルダム大学に交換留学を経験。
         (株)集英社を経て現職。ソーシャルメディアでの発信を駆使し、肩書や専門領域にとらわれずに多種多様な仕事
         を手がける独自のノマドワーク&ライフスタイル実践者。雑誌『DRESS』の「女の内閣」働き方担当相、
         TABI LABOエッジランナー(連載)、越後妻有アートトリエンナーレオフィシャルサポーターなどを務めるほか、
         商品企画、コラム執筆、イベント出演など幅広く活動中。世界53ヶ国を旅した経験を生かし、海外取材、
         海外ツアープロデュース、ピースボート水先案内人など海外活動も行う。著書多数。

 

当日の「若旅★授業」の聴講・カメラ撮りは可能です。希望される報道機関の方は、7月9日(木)15時までに下記問い合わせ先までご連絡下さい。
※一般の方は、聴講出来ません。


 また、「若旅★授業」の実施校は随時募集しておりますので、希望される場合には、下記問い合わせ先までご連絡下さい。
 
このページに関するお問い合わせ
観光庁 観光地域振興部 観光資源課
大岡、日野
代表 03-5253-8111(内線 27-824)
直通 03-5253-8925  FAX 03-5253-8930
Emall wakamono-ryokou@mlit.go.jp