ページトップ

[本文へジャンプ]

報道・広報
観光庁ホーム > 報道・会見 > トピックス > 2016年 > 「新しい東北観光と仙台空港民営化シンポジウム」に土井副大臣が出席
ページ本文

「新しい東北観光と仙台空港民営化シンポジウム」に土井副大臣が出席

印刷用ページ

最終更新日:2016年4月24日

 4月24日、土井副大臣は、仙台市で開催された「新しい東北観光と仙台空港民営化シンポジウム」に出席しました。土井副大臣は開会の挨拶の中で「3月には北海道新幹線が新青森―新函館北斗間で開業し、7月には仙台空港の民営化が開始されるなど、東北の交通体系は大きな転換点を迎えている。このような絶好のタイミングを活かし、2020年に東北6県の外国人宿泊者数150万人泊の目標に向け、あらゆる施策を総動員して取り組んでまいりたい。」と述べました。シンポジウムでは東北の観光についての講演や、「仙台空港民営化と展望」、「東北観光の魅力づくりとインバウンド戦略」をテーマに、パネルディスカッションが行われました。
「新しい東北観光と仙台空港民営化シンポジウム」に土井副大臣が出席
挨拶する土井副大臣
このページに関するお問い合わせ
観光庁観光地域振興部観光資源課
担当:大森
代表 03-5253-8111(内線:27-814)
直通 03-5253-8925
FAX 03-5253-8930