ページトップ

[本文へジャンプ]

報道・広報
観光庁ホーム > 報道・会見 > トピックス > 2018年 > 平成30年度地域観光資源の多言語解説整備支援事業 選定地域の進捗状況について
ページ本文

平成30年度地域観光資源の多言語解説整備支援事業 選定地域の進捗状況について

印刷用ページ

最終更新日:2018年12月3日

事業の概要

 訪日外国人旅行者が地域を訪れた際、観光資源の解説文が乱立していたり、表記が不十分なため、観光地としての魅力が伝わらない等の課題があります。
 「地域観光資源の多言語解説整備支援事業」は、観光庁が関係省庁等と連携して英語のネイティブ等専門人材のリスト化、派遣体制の構築を行い、地域観光資源の解説文作成等の支援を行うこと、旅行者にとって分かりやすく、面的観光ストーリーを伝える魅力的な解説文の整備を促進するとともに、解説作成に関するノウハウを蓄積し、地域における多言語解説整備の展開を目的とする事業です。

選定地域及び進捗状況

 平成30年3月23日(金)から5月14日(月)までの間、本事業における、観光資源の多言語解説作成に係る支援を行う地域の公募を行った結果、42件の地域を選定いたしました。本事業にて選定した地域一覧及び各地域の進捗状況につきましては、以下の資料をご参照ください。
このページに関するお問い合わせ
観光庁 観光地域振興部 観光資源課 宇佐美、喜島、宮本
電話:03-5253-8111(代表)(内線27-815、27-891、27-829)
   03-5253-8925(直通) FAX:03-5253-8930