ページトップ

[本文へジャンプ]

報道・広報
観光庁ホーム > 報道・会見 > トピックス > 2013年 > 次世代旅館・ホテル経営者育成プログラム
ページ本文

次世代旅館・ホテル経営者育成プログラム

印刷用ページ

最終更新日:2013年9月11日

~ビジョンと知識と行動で、未来を切り拓く、観光経営イノベーション~
地域の観光の中核である宿泊産業の強化を目指し、山形大学・山口大学と連携して実施する、ホテル・旅館の若手経営者・後継者を対象としたセミナーの参加者を募集します。

同セミナーでは、地域と共に生きる経営者として、基礎的な経営スキルを身につけ、強い意志とビジョンに基づき、知識と実際の行動を一致させ、事業を変革していくリーダーを育成します。財務・労務・マーケティング等の実践的知識を身につけるだけではなく、実業に持ち帰って実践するアクションラーニングにより、成果に結びつけます。

興味のある方は、是非資料請求ください。応募お待ちしています。
〈事業主体〉 観光庁観光産業課   〈共  催〉 山形大学・山口大学
〈事務局 〉 (株)リクルートライフスタイル じゃらんリサーチセンター

セミナー概要

■対象者
旅館・ホテルの若手経営者・後継者 16名×2会場=32名程度

■プログラムの特徴とゴールイメージ
1.地域と共に生きる経営者としての事業ビジョン、実現に向けた意志と覚悟が生み出される
 -困難な状況に立ち向かい、成果が結実するまで取り組み続ける源泉「意志とビジョン」を明らかに
2.経営に必要な実践的知識を身につける
 -ホスピタリティ・マネジメント、人材管理・組織論、マーケティング、財務会計、旅行産業のトレンド、経営革新・組織変革の事例紹介等を予定
3.ビジョン実現のための事業計画が生み出され、実践に移し、業績・価値の向上につながる
 -(戦略、財務、旅館のコンセプト形成、人事組織等の観点から)事業・組織の課題を明らかにし、何に取り組むかのストーリーを描く
4.実践学習(アクション・ラーニング)により、成果に結びつける
 -学習したこと(オフサイト)を、各自の現場に持ち帰り実践すること(オンサイト)を繰り返す仕組みにより、さらなる成果の実現と学習につなげる
5.チーム学習によるネットワーク形成
 -参加者同士が仲間となり、互いに支えあう関係・ネットワークを築く
※研修の全体イメージは、募集チラシを参照ください

■費用
・プログラム参加費 無料
・実費(交通費、宿泊飲食費はお支払いただきます)

■応募条件
・プログラム全日程(第一ターム~第四タームの全て)参加可能な方
・事業成長・変革への意志を持って取り組まれる方
・プログラム内で、自旅館の財務諸表(貸借対照表、損益計算書)を活用できること
(プログラムの中で、実際の経営革新につなげるために、自身で財務諸表の財務分析を行う等、データを活用します。他者に公開することはありません。) 

■日程
○会場A:山形大学
・第一ターム 11月20日(水)~22日(金)  ・第二ターム 12月11日(水)~13日(金)
・第三ターム  1月28日(火)~30日(木)  ・第四ターム  3月5日(水)~6日(木)
○会場B:山口大学
・第一ターム 11月6日(水)~8日(金)   ・第二ターム 12月4日(水)~6日(金)
・第三ターム  2月5日(水)~7日(金)   ・第四ターム  3月5日(水)~6日(木)
※第四タームは東京にて合同開催。

応募方法

・応募意志がある方は、件名を「観光庁次世代旅館・ホテル経営者育成プログラム申込み資料請求」とし、「施設名・役職・氏名・住所・電話番号」を記入の上、メールにてご連絡をください。応募用紙等お送りいたします。
※メールアドレスはPDFをご参照ください

・応募締切:平成25年9月20日(金)必着 
※応募用紙記入の日程を考慮の上、上記「資料請求」はお早めに
※選考の上、10月上旬までに結果をご連絡いたします。
このページに関するお問い合わせ
観光庁観光産業課
北川、草場
代表 03-5253-8111(内線27-305、27-308)
直通 03-5253-8329
FAX 03-5253-1585