ページトップ

[本文へジャンプ]

報道・広報
観光庁ホーム > 報道・会見 > トピックス > 2013年 > ユニバーサルツーリズムの普及・促進に向けた事業を実施する組織を選定しました
ページ本文

ユニバーサルツーリズムの普及・促進に向けた事業を実施する組織を選定しました

印刷用ページ

最終更新日:2013年10月25日

 高齢者・障がい者等の移動制約者を含む誰もが旅行を楽しむことができる環境を整備するため、地方自治体、NPO等の幅広い関係者の協力の下、地域の受入拠点づくりを進めるための組織を選定しました。
 ユニバーサルツーリズムの普及・促進のためには、地方自治体、NPO等の幅広い関係者の協力の下、地域の受入体制を強化する取組が必要となります。
 このため、観光庁では、「ユニバーサルツーリズムの普及・促進に関する調査」を行っており、当調査に必要となる事業を実施するための組織を募集した結果、12者から応募がありました。
 選定委員会による審査の結果、以下のとおり3者を選定しました。


■選定組織
1.NPO法人 石川バリアフリーツアーセンター(石川県金沢市)
2.NPO法人 いわき自立生活支援センター(福島県いわき市)
3.NPO法人 チャレンジド就労支援ネットワークeワーカーズ鹿児島(鹿児島県霧島市)


このページに関するお問い合わせ
観光庁 観光産業課
担当:上井・合澤
代 表 03-5253-8111(内線27306)
直 通 03-5253-8329
F A X 03-5253-1585