ページトップ

[本文へジャンプ]

報道・広報
観光庁ホーム > 報道・会見 > トピックス > 2015年 > 株式会社地域経済活性化支援機構、株式会社日本政策投資銀行及び株式会社リサ・パートナーズによる『観光活性化マザーファンド』の増額について
ページ本文

株式会社地域経済活性化支援機構、株式会社日本政策投資銀行及び株式会社リサ・パートナーズによる『観光活性化マザーファンド』の増額について

印刷用ページ

最終更新日:2015年8月11日

 昨年5月に観光庁が包括的連携協定を締結している株式会社地域経済活性化支援機構が、2014年4月1日に株式会社日本政策投資銀行(以下「DBJ」という。)及び株式会社リサ・パートナーズ(以下「RISA」)と共同で設立した「観光活性化マザーファンド投資事業有限責任組合」に対して、共同出資者であるDBJ及びRISAとともに、総額39億円の増額を決定したことをお知らせいたします。

 詳細につきましては、下記ホームページ(外部リンク)をご参照ください。

『観光活性化マザーファンド』の増額について

観光活性化マザーファンドに関するお問合せ先

株式会社地域経済活性化支援機構 TEL:03-6266-0310(代表)、03-6266-0380(地域活性化支援部)
このページに関するお問い合わせ
観光庁観光産業課 TEL:03-5253-8111(内線27-303)