ページトップ

[本文へジャンプ]

報道・広報
観光庁ホーム > 報道・会見 > トピックス > 2019年 > 持株会社型DMOものべみらいを経由した「龍河洞みらい」に対する追加投資実行について
ページ本文

持株会社型DMOものべみらいを経由した「龍河洞みらい」に対する追加投資実行について

印刷用ページ

最終更新日:2019年2月1日

~高知県を代表する自然・文化資源「龍河洞」で、光や音などを組み合わせて感動体験コンテンツ化!~ 株式会社地域経済活性化支援機構のファンド運営子会社であるREVICキャピタル株式会社が株式会社四銀地域経済研究所と共同運営する「高知県観光活性化ファンド」は、持株会社型DMOである株式会社ものべみらいを経由して、日本三大鍾乳洞の一つとされる天然記念物「龍河洞」のマーケティング・運営統括業務を行う株式会社龍河洞みらいに対して、設備投資資金として追加投資を実行しましたので、お知らせいたします。詳細につきましては、次のホームページ(株式会社地域経済活性化支援機構リンク)を参照下さい。

http://www.revic.co.jp/pdf/news/2019/190201newsrelease.pdf
このページに関するお問い合わせ
株式会社地域経済活性化支援機構
地域活性化支援部
〒100-0004 東京都千代田区大手町1-6-1大手町ビル9階
代表:03-6266-0310