ページトップ

[本文へジャンプ]

報道・広報
観光庁ホーム > 報道・会見 > トピックス > 2012年 > 観光庁長官から震災後の国際会議開催に尽力された主催者に対して感謝状を贈呈しました
ページ本文

観光庁長官から震災後の国際会議開催に尽力された主催者に対して感謝状を贈呈しました

印刷用ページ

最終更新日:2012年3月8日

1.第23回国際血栓止血学会  
 東日本大震災の影響により多くの国際会議が中止・延期に追い込まれた中、関係者の多大なご尽力により、第23回国際血栓止血学会は昨年7月に京都市で予定通り開催されました。開催を通じて日本の安全性を海外に発信することとなり、その後の我が国の国際会議の開催に向けて大きな原動力となりました。かかる取組に尽力された同学会組織委員会の池田康夫会長に観光庁の溝畑長官から感謝状を贈呈いたしました。

2.第19回日本乳癌学会
  昨年9月に仙台市で開催された第19回日本乳癌学会学術大会は、被災地で開催された初の大規模会議となりました。開催時期をわずか2ヶ月延期しただけで、開催地を変更することなく参加者総数5000名超の医学会を開催することにより、被災地の復興に資すると共に、我が国におけるMICEの開催推進に多大なる貢献をされました。開催にご尽力された同学会の大内憲明会長に観光庁の溝畑長官から感謝状を贈呈いたしました。  

 観光庁では引き続き、国際会議をはじめとしたMICEの誘致・開催と、それらを通じた我が国の復興の促進に取り組んで参ります。

第23回国際血栓止血学会組織委員会 池田康夫会長
第23回国際血栓止血学会組織委員会 池田康夫会長
第19回日本乳癌学会学術大会 大内憲明会長(中央)
第19回日本乳癌学会学術大会 大内憲明会長(中央)
このページに関するお問い合わせ
観光庁MICE推進参事官室
佐藤、大城
代表 03-5253-8111(内線27605、27607)
直通 03-5253-8938
FAX 03-5253-1563