ページトップ

[本文へジャンプ]

報道・広報
観光庁ホーム > 報道・会見 > トピックス > 2014年 > 「国連世界観光機関(UNWTO)観光法に関するワークショップ」に本保芳明観光庁参与が講師として参加しました。
ページ本文

「国連世界観光機関(UNWTO)観光法に関するワークショップ」に本保芳明観光庁参与が講師として参加しました。

印刷用ページ

最終更新日:2014年2月5日

  
国連世界観光機関(UNWTO)アジア太平洋センターより、「UNWTO観光法に関するワークショップ」について発表がありましたので、お知らせします。
 【概要】
  • 1月24日(金)・25日(土)の2日間、国連世界観光機関(UNWTO)は、モンゴル国の首都ウランバートル市にて、同国文化・スポーツ・観光省と協働し、同国の観光関係者を対象に「UNWTO観光法に関するワーク ショップ」を開催しました。
  • 我が国から講師として、本保芳明観光庁参与(初代観光庁長官、首都大学東京教授)を派遣し、日本の観光法制に関する知見を共有するとともに、モンゴルの改正観光法案に関する意見交換を行いました。
  • 詳細は添付資料をご覧ください
 
☆添付資料:
このページに関するお問い合わせ
観光庁国際会議等担当参事官室 貴田、村松
TEL : 03-5253-8111(内線27-604)
          03-5253-8938(直通)  
FAX : 03-5253-1563