国土交通省
 「官庁施設における環境負荷低減プログラム」の策定について
ラインBack to Home

平成16年7月21日
<問い合わせ先>
大臣官房官庁営繕部
設備・環境課営繕環境対策室
(内線23822、23832)

TEL:03-5253-8111(代表)


 

 国土交通省大臣官房官庁営繕部では、官庁施設における総合的な環境負荷低減対策の強化・加速化、公共建築分野における先導的役割を遂行することを目指した官庁施設における環境負荷低減プログラム(以下「営繕グリーンプログラム」)を策定しました。

  1. 趣旨
     官庁営繕部は、政府や国土交通省の環境問題に関する政策・取組方針、「政府がその事務及び事業に関し温室効果ガスの排出の抑制等のため実行すべき措置について定める計画」(平成14年7月19日閣議決定)を受け、官庁施設における総合的な環境対策の推進と公共建築分野における先導的な役割の遂行を目的として、官庁営繕行政における今後の環境対策として取組むべき施策等について総点検を行い、「官庁施設における環境負荷低減プログラム」を策定しました。
     今後は、このプログラムに基づいて、各施策を有機的に連携させ、総合的かつ効率的に効果が得られるよう官庁施設のライフサイクルを通じた環境負荷の低減や、各省各庁との連携、地方公共団体等への普及促進を図っていきます。

  2. プログラムの概要
     本プログラムにおいては「国土交通省環境行動計画」を踏まえ、地球温暖化問題への対応循環型社会の形成健全な自然環境の確保・水循環系の構築良好な生活環境の形成を柱とし、以下の視点、目標及び推進方策に基づき官庁営繕行政のグリーン化を進めていきます。
     (1)グリーン化に向けた視点
    • 官庁施設のライフサイクルを通じた環境負荷の低減
    • 環境負荷低減効果の最大化
    • 各省各庁との連携・協働、地方公共団体等への普及
     (2)プログラムの目標
    • 地球温暖化問題への対応
    • 循環型社会の形成
    • 健全な自然環境の確保・水循環系の構築
    • 良好な生活環境の形成
    • 関係機関への協力・支援、環境教育の充実及び官庁営繕職員の率先的取組み

  3. 推進方策等
    • 「官庁営繕部環境対策推進本部」(本部長:官庁営繕部長)において、営繕グリーンプログラムの策定及び見直し並びに進捗状況の点検を行います。
    • 地方整備局営繕部等においても、環境対策を推進する体制を整え、本プログラムを強力に推進します。
    • 本プログラムの進捗状況や、環境負荷低減に関する情報などをホームページなどで公表していくこととしています。


 PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Readerが必要です。右のアイコンをクリックしてAcrobat Readerをダウンロードしてください(無償)。
 Acrobat Readerをダウンロードしても、PDFファイルが正常に表示されない場合はこちらをご参照下さい。

アクロバットリーダーホームページへ
(ダウンロード)

ライン
All Rights Reserved、 Copyright (C) 2004、 Ministry of Land、Infrastructure and Transport