メニューを飛ばしてコンテンツへ進む
サイト内検索

 「官庁営繕環境報告書2005」について
ラインBack to Home

 
平成17年7月29日
<問い合わせ先>
大臣官房官庁営繕部
設備・環境課営繕環境対策室

(内線23822、内線23832)

TEL:03-5253-8111(代表)


 

  国土交通省大臣官房官庁営繕部では、2004年度における官庁施設における環境負荷低減対策の取り組みをまとめた「官庁営繕環境報告書2005」を取りまとめました。

 

1.策定の背景及び目的  
  官庁営繕部では、平成16年7月に策定した「官庁施設における環境負荷低減プログラム」(以下「営繕グリーンプログラム」という)により総合的かつ効率的なライフサイクルを通じた官庁施設の環境負荷の低減に取り組んでいます。  
  本年2月に「京都議定書」が発効し、「京都議定書目標達成計画」等が閣議決定され、官庁施設における環境負荷低減対策がますます重要になってきました。  
  そのため、官庁営繕部の環境負荷低減対策の内容や取り組む姿勢を理解して頂くため、2004年度の環境対策の取組みを中心に「官庁営繕環境報告書2005」を取りまとめました。

2.環境報告書の概要  
  「営繕グリーンプログラム」に定められた環境対策の紹介及び進捗状況等について地方整備局等の取組みを中心に写真や図表を用いて取りまとめました。  
  また、公表に当たっては冊子として配布するのではなく、官庁営繕部のホームページでの閲覧を基本とし、紙での配布は必要に応じて行うこととします。  (http://www.mlit.go.jp/gobuild/index.html

3.今後の予定  
  官庁営繕部における環境対策について毎年度、環境報告書を取りまとめ、公表していきます。


 PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Readerが必要です。右のアイコンをクリックしてAcrobat Readerをダウンロードしてください(無償)。
 Acrobat Readerをダウンロードしても、PDFファイルが正常に表示されない場合はこちらをご参照下さい。

アクロバットリーダーホームページへ
(ダウンロード)

ライン
All Rights Reserved, Copyright (C) 2005, Ministry of Land, Infrastructure and Transport