メニューを飛ばしてコンテンツへ進む
サイト内検索

  通訳案内士になるには
ラインBack to Home

通訳案内士は、報酬を受けて、外国人に付き添い、外国語を用いて、旅行に関する案内をすることができます。
通訳案内士になるには国家試験(国際観光振興機構が実施)に合格し、都道府県知事の登録を受けなければなりません。

通訳案内士試験

1.試験語学
英語、フランス語、スペイン語、ドイツ語、中国語、イタリア 語、ポルトガル語、ロシア語、韓国語、タイ語

2.受験資格
年齢、性別、学歴その他の制限はなし

3.試験の内容
第1次試験  外国語の筆記試験、日本地理、日本歴史、産業、経済、政治及び文化に関する一般常識
第2次試験  通訳案内の実務(筆記試験で選択した外国語による実践的コミュニケーション能力。人物考査を含む。)

4.試験実施時期
第1次試験  9月上旬頃
第2次試験  12月上〜中旬頃

5.試験場所
第1次試験  札幌市、仙台市、東京都、名古屋市、京都府、広島市、福岡市、那覇市、ソウル市、北京市、香港特別行政区、台北市
第2次試験  東京都、京都府、福岡市、英語以外は東京都

6.受験料
8,100円
(上記の内容は変更する場合がありますので、国際観光振興機構に必ず 問い合わせるようにして下さい。)

7.問い合わせ先
国際観光振興機構国内サービス部
〒100-0006 東京都千代田区有楽町2−10−1
  東京交通会館内
TEL 03−3216−1903


戻る
ライン
All Rights Reserved, Copyright (C) 2006, Ministry of Land, Infrastructure and Transport