国土交通省
 浄化槽設備士になるには
ラインBack to Home


 
「浄化槽法施行令の一部を改正する政令」の施行について

「浄化槽法施行令の一部を改正する政令」(政令第46号)が 平成20年3月14日付けで公布・施行され、浄化槽設備士試験の受験手数料が改正されました。詳 しくはこちらをご覧ください。

  浄化槽設備士とは

 し尿及び雑排水の公共水域への放流は、終末処理下水道や法定の処理施設による場合を 除き、浄化槽による処理を経た後でなければなりません。浄化槽の設置工事には、国家資格である浄化槽設備士による実地の監督が必要です。また、浄化槽工事 業者は、営業所ごとに浄化槽設備士を置かなければなりません。

  浄化槽設備士試験

 浄化槽設備士試験は、浄化槽法第43条に基づく国家試験です。この試験の合格者には、免状交付申請の手続を行うことによって国土交通大臣から「浄化槽設 備士免状」が交付されます。

 平成20年浄化槽設備士試験につ いて

試験の区分と科目
      1. 学科試験:機械工学・衛生工学等、汚水処理法等、施工管理法、法規(4肢択一式)
      2. 実地試験:施工管理法(記述式)

試験の日程等

      1. 受験申請受付期間:平成20年4月1日(火)〜4月18日(金)
      2. 試験実施期日:平成20年6月1日(日)
      3. 合格発表:平成20年8月上旬

※試験の日程は、毎年変更となります。試験の実施機関に必ずお問い合わせの上、ご確認下 さい。

試験実施地

仙台市、東京都、名古屋市、大阪府(松原市)、福岡市

受験手数料(浄化槽法施行令 第3条)

23,600円(平成20年度の受験手数料です。)

受験資格の概要(浄化槽設備士に関する省令第8条)

学歴等 受験に必要な実務経験年数
指定学科※ 指定学科以外
大学卒業者 卒業後1年以上 卒業後1年6月以上
短期大学・高等専門学校卒業者 卒業後2年以上 卒業後3年以上
高等学校卒業者 卒業後3年以上 卒業後4年6月以上
その他の者 8年以上

※指定学科:土木工学、農業土木、鉱山土木、森林土木、砂防、治山、緑地、造園、 都 市工学、衛生工学、電気工学、機械工学又は建築学に関する学科

試験の実施機関(問合せ・申 し込み先)
(財)浄化槽設備士センター
住所      :東京都千代田区岩本町2丁目1番3号
電話      :03-5835-2241
ホームページ:http://www.wwtee.or.jp/


  浄化槽設備士講習

 浄化槽設備士講習は、浄化槽法(昭和58年法律第43号)第42条第1項第2号に基づき、建設業法第27条に定める技術検定のうち管工事施工管理技士 (1級又は2級)の資格を有する者を対象に、国土交通大臣及び環境大臣が指定した財 団法人浄化槽設備士センタが、浄化槽の工事に関する講習として 実施す るものです。講習の実施日、実施地等は実施機関までお問い合わせください。
 この講習の課程修了者には、免状交付申請の手続を行うことによって国土交通大臣から「浄化槽設備士免状」が交付されます。



  浄化槽設備士免状の再交 付・書換え

 PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Readerが必要です。右のアイコンをクリックしてAcrobat Readerをダウンロードしてください(無償)。
 Acrobat Readerをダウンロードしても、PDFファイルが正常に表示されない場合はこちらをご参 照下さい。

アクロバットリーダーホームページへ
(ダウンロード)


戻る
ライン
All Rights Reserved, Copyright (C) 2001-2004, Ministry of Land, Infrastructure and Transport