トップページ > 皆様へのお知らせ > インターネットによる飛行計画等の取扱いサービスの利用開始について
ハイジャック防止等航空保安対策へのご協力のお願い | 空の日 | スカイレジャー・スカイスポーツ
安全情報 | 資格等のご案内 | 申請・手続等について | 調達情報 | パブリックコメント・ご意見募集 | Q & A
インターネットによる飛行計画等の取扱いサービスの利用開始について
平成19年3月27日
<お問い合わせ先>
航空局管制保安部運用課
(内線51315)
TEL:03-5253-8111(代表)
 現在、データ通信を利用して航空機運航者から飛行計画等の通報及び到着の通知並びにこれらの受理を行い、また、航空機運航者及び飛行場管理者に対して航空情報、気象情報、その他航空機の運航に係る情報の提供を行っているサービス(以下「SATサービス」という。)は、平成19年3月31日をもって廃止し、平成19年4月1日よりインターネットを利用したSATサービスを開始することとしております。インターネットを利用したSATサービスを利用するためには手続きが必要となりますので、ご利用を希望される航空機運航者、飛行場管理者におかれましては手続きをお願いいたします。

国土交通省認証局の自己署名証明書の取得について
 インターネットを利用したSATサービスを安全に使用して頂くため、国土交通省認証局によるSSLサーバー証明書を取得しております。PC端末において接続先が確かに国土交通省認証局で認証したシステムであることを確認し、通信を暗号化するためには「国土交通省認証局の自己署名証明書」をお使いのブラウザに組み込む必要がります。
 「国土交通省認証局の自己署名証明書」は、以下のホームページから取得できます。
   http://www.goa.mlit.go.jp/step/dl_selfsign.html

広域対空送受信情報の提供について
 平成19年4月より、SATサービスにおいてあらたな情報提供として広域対空送受信情報(※)の提供を開始いたします。詳細については「広域対空送受信情報の提供について.pdf」を参照してください。
 ※広域対空送受信情報とは「インターネットによる飛行計画等の取扱サービス実施要領(平成18年12月13日付け国空用第257号)第2条(2)に定義される情報で、FSC(広域対空援助業務)において取り扱った交信であって航空管制運航情報官の他の業務に影響を及ぼさない範囲において取り扱う情報のことを指します。」

データ通信を利用したSATサービスの提供及びPIREP実験終了時期
 新千歳空港事務所、仙台空港事務所、中部空港事務所、福岡空港事務所、鹿児島空港事務所及び那覇空港事務所におけるSATサービスの提供は、平成19年3月31日までとなります。従来のSATサービスの提供終了に伴い(「データ通信による飛行計画等の取扱いサービス」)において実施していたPIREP実験については、「広域対空送受信情報の提供」機能の展開に伴い終了させていただきます。
 実験中、参加事業者の皆様におかれましては長期にわたるご協力・ご利用誠にありがとうございました。
 実験は平成9年度から実施しており大変好評でございましたが、実験で得られた利用者のご要望を踏まえたサービスとして、今後は広域対空援助送受信情報の提供により対応していく所存ですので、今後ともSATサービスのご利用を宜しくお願いいたします。

【お問い合わせ先】
  国土交通省東京航空局保安部運用課 運航第一係
     電話番号 03−5275−9292 内線 7518
  
国土交通省大阪航空局保安部運用課 運航第一係
     電話番号 06−6949−6211 内線 5218
   
問い合わせ期間:土曜日、日曜日及び祝日を除き午前10時から午後5時まで


インターネットによる飛行計画等の取扱サービス実施要領(PDF形式/473KB)

申請書等(様式第1号、2号、3号、5号、6号、8号及び9号)(PDF形式/186KB)

広域対空送受信情報の提供について(PDF形式/272KB)

前へ 

トップページ | 報道発表資料 | 皆様へのお知らせ | トピックス | 航空行政の概要 | 統計・データ等 | 関連リンク | サイトマップ