航空

日本の空の概要

訓練試験空域等の空域を分離することで、相互の安全を確保しています。

管制区域 航空交通管制区 地表又は水面から200m以上の高さの空域
航空交通管制圏 航空機の離陸及び着陸が頻繁に実施される飛行場及びその周辺の空域
航空交通情報圏 上記の飛行場以外の国土交通大臣が指定する飛行場及びその周辺の空域
進入管制区 管制区のうち、管制圏内の飛行場からの離陸に続く上昇飛行、着陸のための降下飛行が行われる空域
特別管制空域 航空交通が輻輳する空域
※上記のほか、航空機が専ら曲技飛行等を行う民間訓練試験空域がある。
非管制区域 上記以外の空域

*上記空域のうち、自衛隊や米軍が管轄する空域があります。
自衛隊 自衛隊の管轄空港(松島、浜松等)及び共用飛行場(千歳、札幌、三沢、百里、小松、美保、徳島等)の管制圏、進入管制区、自衛隊訓練/試験空域等。
米軍 米軍の管轄飛行場及びその周辺の空域(横田、岩国等)、米軍制限空域等。

日本の空の概要

印刷用PDF
 


ページの先頭に戻る