航空

飛行検査

 東京国際空港を拠点として4機種7機体制で全国各地の航空保安施設等の検査を実施しています。
 平成23年度からはICAOガイダンスを踏まえた飛行検証業務を開始しました。これにより、従来の施設に対する飛行検査に加え、計器飛行方式の安全性、妥当性を検証しています。また、飛行検証には実際の飛行機を使用した検査を実施する前に、シミュレーターを使用した飛行前検証を実施しており、様々な条件下においても適切な飛行が可能か検証を実施し、高規格な最新の飛行方式に対応しています。
 



■飛行検査の種類         ■飛行検査対象施設と年間検査回数


■飛行検証の種類         ■飛行検証の検査回数

 

 
■ 飛行検査用航空機
 

印刷用PDF

ページの先頭に戻る