航空

国際航空固定通信網(AFTN)/国際航空交通情報通信システム(AMHS)

 国際民間航空の安全及び定時性を確保するため、ICAO(国際民間航空機関)では国際航空固定通信のための運用方式及び技術基準を設定し、ICAO加盟各国が運営に責任を有 する世界的規模のAFTN(Aeronautical Fixed Telecommunication Network)/AMHS(ATS Message Handling System)と呼ばれる航空固定通信網が設定されています。
 我が国においては、福岡がAFTN/AMHS通信センターであり、アジア地域における中枢センターとして位置づけられており、飛行情報管理システム(FDMS-Flight Data Management System)及び国際航空交通情報通信システム(AMHS)により運用されています。
 AFTN/AMHSは、世界中の国際空港、管制機関及び国際線を運航する航空会社等を結んでおり、遭難通報、緊急通報、飛行計画報、位置通報、管制通報、気象情報、ノータム等の 運航上不可欠な情報をはじめとして航空機のスケジュール変更、航空機部品の補給、給油等のサービス供与に関する情報等の運航に必要な情報が交換されています。


AFTN/AMHS(国際航空固定通信網/国際航空交通情報通信システム
*本ネットワークは日本周辺及び主要通信局を記載した概略図です。

  印刷用PDF

ページの先頭に戻る