航空

航空灯火システム概念図

   
航空灯火とは、灯光により航空機の航空を援助するための施設であり、次の3種類があります。
 
(1) 航空灯台
  夜間又は計器気象状態下における航空機の航行を援助するための施設である。
 
(2) 飛行場灯火
  空港に着陸する航空機に対し、滑走路の形状及び進入角度等の情報を援助するための施設である。
 
(3) 航空障害灯
  航行する航空機に対し、障害となる高層のビルや鉄塔等の存在を認識させるための施設である。
 
1 進入路指示灯 離着陸する航空機にその飛行経路を示すための灯火
2 進入灯台 最終進入区域内の要点を示すための灯火
3 誘導案内灯 行先、経路等の情報を示すための灯火
4 電源局舎 航空保安施設等に電力を供給する施設
5 航空障害灯 航空障害物件を示すための灯火
6 ターミナルビル  
7 エプロン照明灯(注) 駐機場を照明するための灯火
8 飛行場灯台 空港の位置を示すための灯火
9 誘導路灯 誘導路及びエプロンの縁を示すための灯火
10 誘導路中心線灯 誘導路の中心線を示すための灯火
11 滑走路末端補助灯 滑走路末端灯の機能を補助するための灯火
12 滑走路末端灯 滑走路末端を示すための灯火
13 進入灯 滑走路への最終進入経路を示すための灯火
14 連鎖式閃光灯 閃光により最終進入経路をより見やすくするための灯火
15 進入角指示灯 着陸時の正しい進入角度を示すための灯火
16 風向灯 風向を示すための灯火
17 停止線灯 地上走行中の航空機に一時停止の要否及び一時停止すべき位置を示すための灯火
18 滑走路警戒灯 滑走路に入る前に一時停止すべき位置を示すための灯火
19 接地帯灯 航空機の接地範囲を示すための灯火
20 滑走路距離灯 滑走路末端までの距離を数字で示すための灯火
21 滑走路中心線灯 滑走路の中心線を示すための灯火
22 滑走路灯 滑走路を示すための灯火
23 過走帯灯 過走帯を示すための灯火
注 : 航空灯火以外の施設
印刷用PDF


ページの先頭に戻る