お知らせ

飛行検査について

空の安全を守るためには、航空機だけでなく、空港を離陸し、空港に着陸するまでの空の道のすべてが、しっかりと整備されていることが欠かせません。
航空機が安全に飛行するために、飛んでいる航空機に正しい位置情報を伝える施設や、安全な離着陸を導く施設など、空港をはじめ、日本各地には様々な無線・通信施設が設置されています。それらの施設が正常に作動しているかどうかを綿密に調べるために、飛行検査が実施されます。
着陸や離陸するために決められている方式が、安全上問題ないかを実際に飛んで検証すること、さらに、新しい無線施設の設置位置や、新しく導入されたシステムなどを評価することも飛行検査の大きな目的となります。

※羽田空港の新飛行経路に関する飛行検査については、詳細が固まり次第、本ホームページにてご案内させていただく予定です。

安全な飛行を守る、空のドクター