航空

航空管制官 公式

航空管制官公式ホームページ:管制官の一日,航空交通管制部編 - 国土交通省

管制官の一日

 空港や航空交通管制部で働く管制官がどのように一日の仕事を進めていくのか、その一例をご紹介します。
航空交通管制部編

7:00 出勤


写真:出勤してくる航空管制官
 管制官はシフトで勤務しているため、早朝からの勤務があったり、午後からの勤務があったり、夕方から翌朝までの勤務があったりと、日によって勤務する時間がバラバラです。

 今日は朝7時から勤務スタート!







7:15 ブリーフィング


写真:ブリーフィングにおいて天気の概況を説明する航空管制官
 担当する空域の天候、飛行禁止エリア、管制業務を実施するうえで注意すべき事柄を事前にチェックして、業務に備えます。










7:30 運用室で業務開始!


写真:関東南Bセクターレーダー調整席に着席する航空管制官
 最初の仕事は関東南Bセクターのレーダー調整席です。

 関東南Bセクターは、主に成田国際空港の出発/到着機、東南アジアと北米を結ぶ通過機などを取り扱っています。







8:00 関東南Bセクターレーダー対空席


写真:関東南Bセクターレーダー対空席に着席する航空管制官
 集中力を維持するため、30分でレーダー対空席の管制官と交替します。












8:30 事務作業


写真:メールをチェックする航空管制官
 管制業務以外にも、書類の確認や業務メールのチェックなどの仕事があります。
 この間も管制卓で異常が起こっていないか気を配っています。









9:00 関東南Aセクターレーダー調整席


写真:関東南Aセクターレーダー調整席に着席する航空管制官
 関東南Aセクターの調整席を担当します。

 このセクターでは、主に西日本各地からの羽田空港到着機を取り扱っています。静岡空港の出発/到着機も取り扱います。

 引き継ぎ事項を確認して、確実に交替します。




9:30 関東南Aセクターレーダー対空席 訓練監督


写真:
 レーダー対空席と交替します。

 おや、このセクターの訓練生が訓練にやってきました。彼女はまだこのセクターの資格はもっておらず、いわば仮免許の状態。

 訓練生をレーダー対空席につかせ、安全な管制業務ができているか見守り、指導します。

 このように現場で行う訓練をOJT (On the Job Training)といいます。

10:00 訓練の講評


写真:
 訓練が終わったら、訓練生と一緒にその内容を振り返ります。

 良かった点、あと一歩の点を確認し、次回に活かします。









10:30 湘南セクターレーダー調整席 → 11:00 同レーダー対空席


写真:
 今日3つ目のセクターです。

 湘南セクターは、主に関東南Aセクターから引き継いだ羽田空港到着機を取り扱っており、羽田空港の管制官に移管するための航空機間の間隔を設定します。







11:30 湘南セクターのモニタリング


写真:
 湘南セクターが忙しくなってきました。

 他の管制官と交替して管制卓からは一旦外れましたが、今度は隣にある「マルチ支援席」に着きます。

 ここで、交替して新たに湘南セクターのレーダー対空席に着いた管制官が行う無線交信を聴取し、聞き間違いや聞きもらしがないようにバックアップします。




 この後、同様にして「関東南Bセクター」のレーダー調整席とレーダー対空席を30分ずつ担当して13:00に昼食、さらに13:30から再び「関東南Aセクター」のレーダー調整席を担当します。

14:00 運用室での業務終了!


写真:
 次のチームが交替にきました。

 引き継ぎが無事終われば今日の運用室での業務は終了です。ブリーフィングルームへ移動します。









14:10 デブリーフィング


写真:
 今日の業務で気が付いたことをチーム全員で情報共有し、今後の業務に役立てます。

 また、それだけにとどまらず、各種委員会の報告や研修などが行われることもあります。







15:00 シミュレーターを使って訓練


写真:
 先ほどとは別の訓練生と管制シミュレーターを使っての訓練です。

 通常の業務ではあまり起こらないシチュエーションや緊急事態を再現したりして、万が一の時にも冷静に対処できるようにしています。







16:15 勤務終了


 おつかれさまでした!



ページの先頭に戻る