地方振興

克雪体制づくりアドバイザー派遣制度

〈背景〉

豪雪地帯では、人口減少・高齢化により雪処理の担い手が不足し、高齢者を中心とした除雪作業中の事故が多く発生していることから、豪雪地帯の安全・安心な暮らしの確保を図る必要があります。
国土交通省では、地域における共助による除排雪を実施する体制や安全対策を徹底する体制の整備(克雪体制づくり)を促進しています。
 

〈目的〉

克雪体制づくりにあたって、課題を抱えている道府県・市町村や各種団体等に対して、共助による除排雪体制の整備や安全対策の専門的な知識や豊かな経験を有する者(克雪体制アドバイザー)を派遣し、適切な助言等を行うことにより克雪体制の整備促進や強化を図るため、平成30年度に本制度を創設しました。
 

制度の概要

〈支援対象〉
○豪雪地帯に指定されている道府県・市町村
○豪雪地帯に指定されている道府県・市町村において克雪体制づくりを実施・支援する各種団体(NPO法人、社会福祉協議会、地域住民組織等)

〈アドバイザー〉
克雪体制づくりの実践者や専門的な知識を有する者、国土交通省の「雪処理の担い手の確保・育成のための克雪体制支援調査」において実施した事業に参画した経験を有する者の中から委嘱します。

 ・アドバイザー一覧

〈派遣の流れ〉

  1. 国土交通省が指定する運営事務局に電話、メールで克雪体制づくりに関する相談を行ってください。
  2. 相談を受けてアドバイザーの派遣効果が期待できる内容と認められるときは、対応方針等を協議し、派遣の可否等の協議結果を連絡します。
  3. 「克雪体制づくりアドバイザー申請書」を運営事務局に提出します。
  4. 運営事務局と関係者が派遣に向けた調整を行います。
  5. 派遣後、「克雪体制づくりアドバイザー活用結果報告書」を運営事務局に提出します。
 ※派遣に要する交通費等は予算の範囲内において国土交通省が負担します。
 ※派遣の効果を検証するため、必要に応じて、豪雪地帯対策に精通する有識者で構成される「雪国の未来を考える懇談会」の委員を派遣します。

 ・克雪体制づくりアドバイザー申請書
 ・克雪体制づくりアドバイザー活用結果報告書

【運営事務局HP】
http://snow-innovation.net/advisor

派遣を希望する場合は、運営事務局の窓口にご連絡ください。

平成30年度の派遣事例

【派遣事例】

  • 過疎化や高齢化により、自助や共助による除雪が将来的に困難になる不安があり、広域ボランティアの募集や除雪の担い手育成の取組を検討している地域に対し、先進的な取組を行う地域のアドバイザーを派遣し、住民や行政・社会福祉協議会職員を対象に取組の紹介を行った。
  • 雪下ろし等に関する知識を学ぶ講習会が少なく、除雪作業中の事故の多く発生しており、安全対策が課題となっている地域に対し、アドバイザーを派遣し、地域のボランティア団体等を対象とした除雪作業中の事故原因や除雪前の準備についての講義や命綱等の使い方を学ぶ実演講習を行った。

  • オーライ!ニッポン 都市と農山漁村の共生対流サイト
  • 半島をゆく

ページの先頭に戻る