国土政策

GISとは

 GISとはコンピュータ上で様々な地理空間情報を重ね合わせて表示するためのシステムのことを言い、現代の社会生活になくてはならない情報基盤となっています。ここではGISの仕組みと使い方について見てみましょう。

GIS(地理情報システム)

  GIS(地理情報システム)とは、地理空間情報活用基本法(平成19年法律第63号)第2条において、「地理空間情報の地理的な把握又は分析を可能とするため、電磁的方式により記録された地理空間情報を電子計算機を使用して電子地図上で一体的に処理する情報システム」と定義されています。
 すなわちGISとは、位置に関する様々な情報を持ったデータを電子的な地図上で扱う情報システム技術の総称です。位置に関する複数のデータを地図上で重ね合わせ、視覚的に判読しやすい状態で表示できるため、高度な分析や、分析結果の共有・管理もしやすくなります。
 地理空間情報、すなわち位置とそれに関する様々な情報のデータとしては、地形図や都市計画図、土地利用図などの基盤となる地図データや、地形をありのままに写しとった空中写真データ、その上に重ねる植生や気象などの人工衛星等による観測データ、道路や河川などの台帳データ、人口や農業などの統計データ、固定資産や顧客リストなどの各種データベース、GPS(全地球測位システム)で観測された車両や携帯電話の位置情報など多様な種類があります。
 GISソフトウェアは、こうした位置・空間データを加工・分析・表示することが可能です。様々なデータを電子地図の上に層(レイヤ)ごとに分けて載せ、位置をキーにして多くの情報を結びつけることで、相互の位置関係の把握、データ検索と表示、データ間の関連性の分析などが可能になります。
画像:災害対策における地理情報の重ね合わせ例  このことから、GISは非常に幅広い用途に使われています。たとえば、道路、水道、電気、ガスなどの社会インフラの管理にGISが活用されていたり、土地・建物の不動産情報や施工管理、店舗の出店計画や顧客管理などのエリアマーケティング、災害時を想定した防災計画にもGISが使われたりしています。
 左図 は災害対策においてGISを利用した例です。上の1枚1枚が特定のデータを持ったレイヤで、防災施設の分布や、災害による自動車通行不能箇所等の複数のレイヤを、位置情報をキーとして重ね合わせていくことで、それぞれの情報の関連性が一目でわかるようになります。この結果から、総合的な災害対策を講じることが可能となります。
 また、GISはインターネットにおける地図情報表示や、GPS(全地球測位システム)を利用した携帯電話のナビゲーションシステムにも役立っています。
 下の図は、近年普及しているインターネットや携帯電話を用いたサービスの例です。電子地図上で、駐車場の位置や、その満空状況等、現在の状況を一目で把握できたり、電子地図と携帯電話のGPS機能を組み合わせることで、現在地から目的地までのルート検索やそれに基づく経路案内もできたりするのです。

画像:国民生活に密着した利用の例
 我が国におけるGISの利用は、昭和50年代頃から一部の政府機関等において始まりました。その後、地方公共団体や民間においても導入が進められてきましたが、地図や図面を作成する特定の専門的業務における利用が中心的でした。
 しかし、平成7年1月の阪神・淡路大震災において、関係機関が保有していた情報を効果的に活かすシステムがなかったことへの反省等をきっかけに、政府におけるGISに関する本格的な取組が始まりました。
 IT(情報技術)の向上により情報のデジタル化が進む現在では、GISの技術は社会生活に欠かせないものとなっており、行政や民間を含めた社会全体で総合的に取り組まれています。

お問い合わせ先

国土交通省国土政策局国土情報課GIS班
電話 :03-5253-8111
直通 :03-5253-8353
ファックス :03-5253-1569

ページの先頭に戻る