国土政策

屋内電子地図等のオープンデータ化の取組

 本プロジェクトでは、実証実験を通じ、複数の鉄道会社や民間ビル、公共施設等にまたがる通路を関係者の協力によりシームレスな地図として整備するとともに、屋内電子地図の仕様の策定・普及に取り組んできました。
 プロジェクトにおいて、国土交通省が整備した屋内電子地図はG空間情報センターにて公開、また、実証実験において設置している測位機器(BLEビーコン)の情報を国土地理院のパブリックタグとして登録しています。
 これにより、「誰でも」「自由に」屋内電子地図をダウンロードし利用することが可能であり、合わせてパブリックタグをエリア内の測位環境の構築に利用し、屋内外の測位環境を活用した様々な民間サービスの創出が図られます。


新宿駅周辺エリアの位置情報サービス基盤活用促進について

 新宿駅周辺エリアについて、新宿ターミナル協議会との連携により、本プロジェクトにおいて空間情報インフラの整備を進め、位置情報サービス普及に向けたショーケースとして積極的な活用を推進していきます。
 新宿駅周辺エリアにおいて公開データを活用した実証実験等の実施を計画される場合、事前調整を円滑に行えるように、計画対象施設の管理者の連絡窓口を紹介します。

 位置情報サービス普及に向けたショーケースの活用促進(PDF)

各種オープンデータについて

◆屋内電子地図の公開

 座標の付与された基盤となる階層別屋内電子地図をG空間情報センターにて公開しています。公開している階層別屋内電池地図は、国土地理院の「階層別屋内地理空間情報データ仕様書(案)」に準拠して整備されています。
 公開するファイルのフォーマットは、GISソフトでの閲覧・編集が可能なShapfile形式と、位置情報の付与されたPDFファイル(GeoPDF形式)です。

  東京駅周辺屋内地図

  新宿駅周辺屋内地図

  横浜国際総合競技場屋内地図 ・ 新横浜駅屋内地図

  成田国際空港屋内地図

(関連リンク)
  G空間情報センター
 

◆測位機器情報の公開

 屋内測位のための位置情報基盤として、国土地理院では、Wi-Fiやビーコンなど測位機器の位置情報の共通利用を可能とするため、「パブリックタグ」の標準仕様を策定しています。
 実証実験において設置している測位機器(BLEビーコン)を国土地理院が管理する「パブリックタグ情報共有プラットフォーム」に登録し、オープンデータとして公開しています。

(関連リンク)
  パブリックタグ情報共有プラットフォーム(国土地理院)


お問い合わせ先

国土交通省国土政策局国土情報課高精度班
電話 :03-5253-8111
直通 :03-5253-8353
ファックス :03-5253-1569

ページの先頭に戻る