国際

地球地図の整備と利用

 国土交通省では、地球環境問題の監視・分析等に利用するための基盤的デジタル地理情報である「地球地図」の整備と利用を各国と協力し て推進しています。


1.「地球地図」とは

(1) 地球地図の基礎情報 (国土交通省国土地理院ホームページより)

  地球地図の概要

  地球地図プロジェクトの参加状況
  地球地図データ作成・公開状況

  地球地図スクリーンショット
  地球地図データの利活用

より詳しくは国土交通省国土地理院の地球地図ホームページ、または地球地図国際運営委員会(ISCGM)ホームページ(英文)をご覧下さい

(2) 地球地図の利活用

  「みんなの地球地図プ ロジェクト」


2.地球地図アプリケーション戦略委員会

国土交通省では、地球地図の認知度を高め、利活用を促進するための検討を行なう「地球地図アプリケーション戦略委員会」を平成15年度 に設置し、平成16年度に「地球地図アプリケーション戦略」を策定いたしました。

検討の主旨(PDF, 7KB)
委員名簿(PDF,6KB)
地球地図アプリケーション 戦略(パワーポイント,1.71MB)

  1) 地球地図アプリケーション戦略の基 本的考え方(パワーポイント,108KB)
2)  地球地図アプリケーション戦略の施策案(1) 先導的利活用策の実施-1(パワーポイント,161KB)
2)  地球地図アプリケーション戦略の施策案(1) 先導的利活用策の実施-2(パワーポイント,209KB)
2)  地球地図アプリケーション戦略の施策案(1) 先導的利活用策の実施-3(パワーポイント,42KB)
2)  地球地図アプリケーション戦略の施策案(1) 先導的利活用策の実施-4(パワーポイント,1.3MB)
3) 地球 地図アプリケーション戦略の施策案(2) 利用環境整備(パワーポイント,141KB)

3.グローバルマッピングパートナーシッププログラム

(1) あらまし

国土交通省は、地球地図の整備・推進を加速化することを目的とし、2007年の地球地図の全域整備を目標としたグローバルマッピング (地球地図)パートナーシッププログラムを2002年度より開始しました。

プログラムでは以下の3点を重点として取組みを進めています。

 1) プロジェクトの促進:アフリカ地域など取組が遅れている地域の参加を促します。
 2) データ整備地域の拡大:情報交換・技術移転を通じて各国のデータ整備を促します。
 3) 利活用の推進:地球地図データの有用性をアピールし利活用を促します。

   具体的活動としては以下です。

 1) 開発途上国等への技術移転のためのセミナー開催・普及啓蒙など
 2) 関係各国・国際機関等との国際協調を図るためのワークショップ開催

(2) 地球地図セミナーの紹介

  グローバルマッピングパートナーシッププログラムの活動の一貫として、アフリカ地域を対象とした地球地図の技術移転・情報交換を目的とした地球地図セミ ナーを実施しています。

  1)ケニアでの開催
    第1回地球地図ナイロビセミナーの概要(2002年8月19-23日)
    結果 (PDF,9KB)

    第2回地球地図ナイロビセミナーの概要(2003年8月25-28日)
    結果 (PDF,429KB)

    第3回地球地図ナイロビセミナーの概要(2004年11月8-11日)
    結果 (PDF,108KB)

  2)セネガルでの開催
    第1回地球地図ダカールセミナー(2005年11月21-22日)
    結果 (PDF,49KB)

ページの先頭に戻る