着用の必要性

危険と隣り合わせであることを忘れずに / ライフジャケット着用の重要性

ライフジャケットの着用は、万一の海中転落に備えて重要です

次のグラフからは、万一の海中転落時に助かる確率が、ライフジャケットを着用していることで非常に高くなることが分かります。
ライフジャケットを着用して海中転落した場合は、ライフジャケット未着用の場合に比べて生存率が約3倍も高く、逆に未着用の場合は死亡率が約5倍も高くなる結果となっています。
船種別の死傷者等の状況
海中転落者のライフジャケット着用・未着用別の生存率(海上保安庁資料より作成)
※数値は、漁船・プレジャーボート等の小型船舶における平成13年〜17年のものです

ライフジャケットの着用を忘れずに

プレジャーボートなどの小型船舶では、船長の遵守事項として、船長自身も含めた乗船者に対してライフジャケットを着用させることなどが定められています。
その中でも、特に次のイラストの乗船者に対しては着用が義務となっています。
不意の事故に備え、乗船時にはライフジャケットの着用を忘れないようにしましょう。
1.水上オートバイ乗船者 2.小型船舶に乗船中の小児(12歳未満) 3.一人で小型漁船に乗船し漁ろうをしている者