着用措置

着用措置について行政処分について着用措置が免除される場合あなたが着用するライフジャケットはどのタイプ?

着用措置について

国土交通省では、増えつづける海難、海中転落事故に対して、自己防衛の意識を高めていただくためのライフジャケットの着用推進運動に加えて、より一層の着用率向上を目指した施策を実施しています。平成15年6月1日より「船舶職員及び小型船舶操縦者法」が施行されたことに伴い、小型船舶乗船者に対してライフジャケットの着用措置を講じており、その中でも一部の者に対してはライフジャケットの着用を義務づけています。

次の3者には、ライフジャケットの着用が義務づけられています。
なお、これらの者が違反すると違反点数が加算され、その点数に応じて行政処分が課せられます。

1.水上オートバイ乗船者 2.小型船舶に乗船中の小児(12歳未満) 3.一人で小型漁船に乗船し漁ろうをしている者

また、これら以外の者についても、ライフジャケットの着用を努めるように法律で定められています。

※ 健康上の理由等による一部の乗船者には、ライフジャケットの着用装置が免除される場合があります。