海事

水先人の人材確保・育成等に関する検討会

 水先業務は、船舶の交通の安全を確保する国際的な制度であり、それを支える水先人は重要な役割を担っていますが、水先人を安定的に確保・育成する観点から課題が生じています。

 水先人の主な供給源である日本人船長が減少するとともに、若年の船長未経験者の水先人養成のために導入した3級水先人資格の取得者も伸び悩んでいます。
 一方、高齢化する水先人の廃業が進展していく状況にあります。
 加えて、全国35水先区のうち、2~3人の小規模水先区の水先人の確保も、年々困難さを増しています。

 このままでは、将来必要となる水先人が十分確保できない状況が生ずる可能性があることから、国として、関係者とともに、対策の検討を行うため、検討会を設置します。

 議事概要及び会議資料は次のとおりです。

○第1回(平成27年4月30日(木)) 
議事概要
会議資料

○第2回(平成27年7月14日(火))
議事概要
会議資料

○第3回(平成27年10月27日(火))
議事概要
会議資料

○第4回(平成28年1月13日(水))
議事概要
会議資料

○第5回(平成28年3月31日(木))
議事概要
会議資料
中間とりまとめ
○第6回(平成28年6月23日(木))
議事概要
会議資料
とりまとめ
○第7回(平成28年9月29日(木))
議事概要
会議資料

○第8回(平成28年12月2日(金))
議事概要
会議資料

○第9回(平成29年3月31日(金))
議事概要
会議資料

○第10回(平成29年6月22日(木))
会議資料 1/2
会議資料 2/2

お問い合わせ先

国土交通省海事局海技・振興課
電話 :03-5253-8111(内線45-337、45-324)
直通 :03-5253-8655

ページの先頭に戻る