海事

「船旅の魅力再生のための懇談会」について

 国内旅客航路においては、観光ニーズの変化、離島の人口減少等により、利用者の減少に歯止めがかからない状況に加え、近年の燃料油高騰によるコストの急激な上昇等により、長距離フェリー航路の相次ぐ休廃止、離島航路の採算の悪化等が生じております。一方で、水辺の都市再生・地域再生や海洋国家である我が国の魅力発信のツールとして、注目されているところであります。

 これらの状況に鑑み、海事局においては、旅客船に求められている魅力あるサービス等について、総合的かつ効果的な方策を検討するため、海事局長の私的懇談会として「船旅の魅力再生のための懇談会」を設置し、検討することといたしました。(別紙参照

 これまで、平成18年3月7日の第1回懇談会において「国内旅客船における船旅の現状及び強み、弱みについて」また、5月17日の第2回懇談会では「国内旅客船における船旅の現状を踏まえた活性化方策について」それぞれ検討行いました。
  また、6月7日に第3回懇談会を開催し「中間とりまとめ」の提示と議論を行いました。
  なお、「中間とりまとめ」については、6月29日にプレス発表をしました。

お問い合わせ先

国土交通省海事局内航課
電話 :03-5253-8111(内線43454)

ページの先頭に戻る