ミッション・トピックス
法律・予算・税制
審議会・報告書等
テロ・保安・災害
IMOコーナー
海のイベント
統計・白書
用語集

外航海運
内航海運
運航労務監理
造船・舶用工業
船舶の安全・環境
船員養成・雇用
海技資格・免許
モーターボート競走
油濁損害賠償保障制度

関係機関とのリンク
目安箱(ご意見募集)

キッズルーム
船旅の魅力
船舶の安全・環境


船舶検査の適切な実施(検査の概要)

<問い合わせ先>
国土交通省海事局検査測度課
(内線44124)
TEL:03−5253−8111(大代表)

 船舶の航行中に海難事故が発生した場合には、人命及び船舶の損失、海洋汚染等多大な影響を社会に及ぼすことになります。このため、船舶の設計・製造段階から廃船に至るまでの間、船舶安全法、海洋汚染等及び海上災害の防止に関する法律等において、船舶が航行するために必要な構造、設備等に関する技術基準に適合していることを国等が確認することとなっています。海事局では、本省、地方運輸局、地方運輸支局等に配置されている船舶検査官が人命及び船舶の安全確保、海洋環境の保全を目的とした検査を実施しています。

図1 船舶の一生と検査
船舶の一生と検査

 船舶検査は、船舶の所在地を管轄している地方運輸局、運輸支局または海事事務所に船舶所有者が申請し、船舶検査官が立会検査を行い、合格したものについては検査証書等を交付します(図2参照)。詳しい内容については、最寄りの運輸局等に御相談下さい。

図2 船舶検査申請から証書等交付への流れ