共通メニュー

水先人になるには?

水先人の免許

水先人になるには、国土交通大臣の免許(国家資格)が必要です。
水先人の免許の特徴は、次のとおりです。

水先区別の免許です

海上では、水域によって、風、波、潮流、水深等の自然条件が異なる上、その水域特有の通航ルールが課される場合もあるため、必要な知識も異なります。水先人は、担当する水域(水先区)特有の条件を熟知している必要があるため、免許は全国35箇所の水先区別に受けなければなりません。このため、例えばAの水先区の免許しか持たない水先人は、Bの水先区では水先業務を行うことはできません。

3つの資格(級)があります

水先人の免許は、3つの資格(級)に分かれています。資格により、水先業務を行える船舶の大きさ(総トン数)に違いがあります。

※危険物積載船:原油や液化石油ガス(LPG)等、危険性の高い貨物を積載している船舶

免許の取得とステップアップ

水先人の免許の取得イメージは次のとおりです。
なお、2級又は3級の水先人は、一定の条件を満たすことで上位資格へのステップアップが可能です。

水先人になるには、国家試験(身体検査、学術試験(筆記試験・口述試験))を受ける前に、登録水先人養成施設において所要の課程を修了する必要があります。新規に水先人になろうとする場合の登録水先人養成施設の課程は以下のとおりです。なお、ステップアップの際は、養成期間が短縮される他、水先人試験の一部が免除されます。

  3級水先人 2級水先人 1級水先人
履修科目 座学【科目:航海・運用・法規・英語】
操船シミュレータ
商船等乗船訓練
タグボート乗船訓練
水先現場訓練
養成期間 2年6月 1年6月 9月

登録水先人養成施設については、現在以下の機関が登録されています。各課程の募集等については、(財)海技振興センターにおいて総合案内を行っています。

登録水先人養成施設

国立大学法人 神戸大学 〒658-0022 兵庫県神戸市東灘区深江南町5-1-1 TEL 078-431-6200
独立行政法人 海技教育機構 海技大学校 〒659-0026 兵庫県芦屋市西蔵町12-24 TEL 0797-38-6201
国立大学法人 東京海洋大学 〒135-8533 東京都江東区越中島2-1-6 TEL 03-5245-7300

総合案内

財団法人 海技振興センター 〒102-8533 東京都千代田区麹町4-5 海事センタービル TEL 03-3264-3871

水先人という進路(みち)があります

以前の制度では、水先免許を取得するには、総トン数3,000トン以上の船舶で3年以上船長を務めた経験が必要でした。しかし、通常、海運会社等で大型船の船長を任されるのは40歳代になってからであることから、水先人になるのは50歳代となるのが普通でした。このため、若い方が進路について考える際、事実上、「水先人」という選択肢は存在していませんでした。
しかし、平成19年4月にスタートした新しい免許制度により、船長経験のない方でも水先人になれる道が開かれました。これにより、例えば3級水先人の場合、早ければ20歳代前半で水先人としてデビューすることが可能になりました。

水先人の世界では、60歳代で活躍される方も大勢おられますので、若くして水先人になられた場合、数十年間に渡って続けられる一生の仕事となることでしょう。これを機に、多くの方々に水先人を目指して頂きたいと思います。
進路をお考えの皆さん、「水先人」を目指してみませんか?

このページの先頭へ

共通メニュー