水資源

今後の地下水利用のあり方に関する懇談会とりまとめについて

印刷用ページ

 地下水を取り巻く環境の変化を踏まえ、重要な水資源として地下水を適正に保全・利用していくための総合的な地下水政策のあり方を検討する必要性から、学識経験者による懇談会を設置し、幅広く議論を進めてまいりました。
 このたび、健全な地下水の保全・利用に向けた方法論として「地下水資源マネジメント」を提案し、その必要性と推進に向けた環境整備や運用方策、重要留意事項を本懇談会の提言としてとりまとめましたのでお知らせいたします。

〈懇談会提言のポイント〉

○地下水資源マネジメントの推進
・地下水障害を未然に防止し、地下水収支バランスが保たれる範囲内で、持続的な地下水資源の適正利用のあり方とそ のその実現方策を検討し、地下水保全・利用に関する計画を策定・運用する必要がある。
・計画に基づく施策の実施にあたっては、数値シミュレーションモデルの活用により、地下水収支を定量化し、実態把握、  計画策定、観測・モニタリング、評価・見直しというプロセスを反復しながら継続的に取り組み、地域の諸条件に即した最 適なマネジメントを実現することが重要である。


○地下水資源マネジメントの運用方策
・マネジメントにあたっては、目標とすべき地下水位を定め、地下水位を常時観測していくことが実用的である。
・マネジメントの推進に必要なデータを収集するため、観測井戸、計測機器、テレメーターシステム等の整備が必要である。


○地下水資源マネジメントの実施に際しての重要留意事項
・水資源の視点からの地下水の水質確保・保全
・地下水資源マネジメントの社会的合意形成への取り組み

お問い合わせ先

国土交通省 水管理・国土保全局 水資源部 水資源政策課
電話 : 03-5253-8111
直通 : 03-5253-8386
ファックス : 03-5253-1581

ページの先頭に戻る

Get ADOBE READER

別ウィンドウで開きます

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
左のアイコンをクリックしてAdobe Acrobat Readerをダウンロードしてください(無償)。
Acrobat Readerをダウンロードしても、PDFファイルが正常に表示されない場合はこちらをご覧ください。