砂防

防災カードゲーム「このつぎなにがおきるかな?」(「どしゃさいがい」編)

大雨や地震でがけが崩れる!山から土砂が流れだしてくる!土砂災害が発生したときに起こる危険な状況をカードゲームにしました。
子供たちが遊びながら防災について学ぶことができます。防災教育の時間、休み時間や放課後に、みんなでワイワイ遊んで防災力を身につけよう!

カードについて

1)防災カードゲーム「このつぎなにがおきるかな?」(「どしゃさいがい」編)の特徴
学校教育等の場で、楽しみながら防災について学べます。
土砂災害から命を守るための方法を学べます。

2)カードの種類
「どしゃさいがい」編の他に、「すいがい」編と「つなみ」編があります。
「どしゃさいがい」編だけでも、それぞれ組み合わせても遊ぶことができます。
(「すいがい」編と「つなみ」編はこちら

3)カードの構成
全体30枚

・「どしゃさいがい」(29枚)
1~7組(1組あたりA~Dの4枚) 28枚
「これぐらいならだいじょうぶかも・・・」 1枚

・表紙カード 1枚

遊び方

以下のリンクに遊び方を紹介しています。

防災カードゲーム「このつぎなにがおきるかな?」(「どしゃさいがい」編)の遊び方(PDF形式)

例[1] なにがおきるか ならべてみよう!(防災七ならべ)
例[2] とるとるカード!(防災かるた)
例[3] だいじょうぶでは ありません!(防災ババぬき)

データ(3タイプ)

以下3タイプのデータを用意しています。

[1]名刺サイズ版(word形式)
 市版の名刺カードにプリントできます。

[2]ハガキサイズ版(PDF形式)
 市版のハガキサイズの用紙にプリントできます。

[3]A4サイズ版(PDF形式)
 A4サイズの用紙にプリントできます。授業で使える資料にも!

ページの先頭に戻る