砂防

土砂災害から命を守る(政府広報オンライン・インター ネットテレビより)

政府インターネットテレビ

「広島土砂災害の教訓 命を守る3つの心得」

 我が国は、急勾配の斜面や渓流が全国に存在し、もろくて弱い地質でありながら、台風や集中豪雨が頻発するなど、土砂災害が発生しやすい地形と気候を有しています。今回は、平成26年8月に広島市で発生した土砂災害の現場から学ぶべき教訓と、発生の予測が難しい土砂災害から身を守るために、私たちはどのように行動すればよいのか。命を守る3つの心得についてご紹介します。

 視聴(http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg11867.html)

徳光&木佐の知りたいニッポン! 「増えているぞ! 土砂災害 日頃の備えと早めの避難」

 近年、局地的な集中豪雨などにより、全国各地で相次いでいる土砂災害。我が国は土砂災害が発生しやすい自然条件が揃っています。また、土砂災害が発生するおそれのある危険箇所は全国におよそ52万か所。どこの地域で起こってもおかしくはありません。そこで今回は、発生の予測が難しい土砂災害。大切な命を守るために日頃からの備えなど重要なポイントを、筑波大学生命環境系の水野秀明准教授をお招きして、詳しく解説します。

 視聴(http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg9911.html)

政府広報オンライン(ラジオ番組)

なるほど!ニッポン情報局 「みんなで防ごう土砂災害」

 土砂災害は、すさまじい破壊力を持つ土砂が一瞬にして多くの人の命や住宅などを奪ってしまう災害です。日本は豊かな自然に恵まれる一方で、傾斜が急な山が多く、台風や大雨などによって土砂災害が発生しやすい環境にあり、年間約1,000件の土砂災害が発生しています。6月は大雨や台風が多くなる季節です。私たちは土砂災害から身を守るために、どのようなことに備えればよいのでしょうか。土砂災害の危険性や事前の備えについて考えます。

 視聴(http://www.gov-online.go.jp/pr/media/radio/na_nippon/sound/20150606/20150606ie.php)

政府広報オンライン(お役立ち記事)

土砂災害の危険箇所は全国に53万箇所! 土砂災害から身を守る3つのポイント

 台風や大雨、地震等による「土砂災害」にご注意ください。傾斜が急な山が多い日本は、台風や大雨、地震等が引き金となって、がけ崩れや土石流、地すべりなどの土砂災害が発生しやすい国土環境にあります。土砂災害は一瞬にして、尊い生命や家屋などの貴重な財産を奪うなど、甚大な被害をもたらします。土砂災害の被害を防ぐためには、一人ひとりが土砂災害から身を守れるように備えておくことが重要です。そのために知っておくべきポイントを紹介します。

 閲覧(http://www.gov-online.go.jp/useful/article/201106/2.html)


※内閣府の運営する「政府広報オンライン」及び「政府インターネットテレビ」では、政府の重要政策等お伝えしています。

ページの先頭に戻る