下水道

BISTRO下水道戦略チーム会合 ~下水道と農業の連携に向けて~ を開催しました

 国土交通省及び日本下水道協会では、下水道資源(再生水、汚泥肥料、熱・二酸化炭素等)を農作物の栽培等に有効利用し、農業等の生産性向上に貢献する取組を「BISTRO下水道」として、下水道資源の安全性や効果の分析・周知や農業関係者との連携促進等を実施しています。
 この度、下水道事業と農業生産者との連携を一層進めることを目的とし、日頃下水道事業や農業に取組んでおられる皆様にお集まりいただき、それぞれの立場から下水道資源の農業利用の取組みについて紹介いただく場として、3月13日に本会合を開催いたしました。

○第12回BISTRO下水道戦略チーム会合 ~下水道と農業の連携に向けて~(平成31年3月13日)

議事次第PDF形式
 
【発表資料】
第1部 農業生産性向上に向けた下水汚泥の肥料利用について      
 ○下水汚泥由来肥料の概要            
                          農業技術通信社社長 昆吉則 

 ○肥料取締法における下水汚泥肥料の取り扱いについて           
                          農林水産省消費・安全局 農産安全管理課 課長補佐 野島夕紀

 ○汚泥肥料の魅力と威力                
                          東京農業大学 名誉教授 後藤逸男
 

第2部 下水道管理者における下水汚泥の肥料利用の取組
 ○鶴岡市における農業事業者と下水道管理者の連携について    
                          鶴岡市上下水道部 下水道課 工務主査 玉津卓生
                          JA鶴岡園芸部 園芸特産課 営農指導係長 今野大介
 
 ○神戸市におけるこうべ再生リンを用いた米作りについて
                          神戸市建設局 下水道部計画課計画係 細田菜摘
                          JA兵庫六甲 神戸営農統括マネージャー 児玉充弘
 
 ○鹿沼市の下水道汚泥肥料を利用した活用方法について   
                          鹿沼市
                          渡辺パイプ株式会社 グリーン事業部 市場開発部 関東事業所 中田将之
 

お問い合わせ先

国土交通省 水管理・国土保全局 下水道部 下水道企画課村岡、土屋
電話 :03-5253-8111(内線34172,34164)

ページの先頭に戻る