国土交通省 国土交通研究政策所 Policy Research Institute for Land, Infrastructure, Transport and Tourism

サイト内検索 English
 国土交通政策研究所は、国土交通省におけるシンクタンクとして、内部部局による企画・立案機能を支援するとともに、 政策研究の場の提供や研究成果の発信を通じ、国土交通分野における政策形成に幅広く寄与することを使命としています。
  

TOP研究所について > 研究所概要(発足、業務概要)

 ● 研究所概要(発足、業務概要)

発足について

 国土交通政策研究所は、省庁再編に伴い、国土の総合的、体系的な利用・開発・保全、社会資本整備、交通政策等について、より幅広い視点から充実した調査研究活動を行うべく旧建設省建設政策研究センター及び旧運輸省運輸研修所を母体として、人員、組織を拡充した上、国土交通省の施設等機関として平成13年1月6日に新たに発足いたしました。
  中長期的な視点から、国土交通政策の的確な推進に資する基礎的な調査、研究を行っていきます。

業務概要

 我が国における社会資本整備、交通政策等を取り巻く社会経済情勢は、少子高齢化、国際化の進展及び国民の価値観の多様化等により、めまぐるしく変化しています。
  したがって、社会資本整備、交通政策等の推進に当たっては、こうした社会経済情勢の大きな変化を踏まえ、国民の真の豊かさを図るために、これらに的確に対応した、長期的展望に立った政策展開が必要です。
  国土交通政策研究所では、社会経済情勢の変化を踏まえながら、国土交通行政に関する研究課題について、幅広く基礎的な調査研究を行っています。