報道・広報

木造3階建て住宅及び丸太組構法建築物の建築確認統計について
(平成27年7月、8月、9月)

平成27年12月1日

 木造3階建て住宅については、昭和62年の建築基準法の改正(同年施行)により、一定の技術基準に適合する戸建て住宅について準防火地域での建設が可能となり、平成4年の建築基準法の改正(平成5年施行)により防火地域、準防火地域以外(平成10年の改正(平成11年施行)により防火地域以外)で一定の技術基準に適合する木造3階建て共同住宅について建設が可能となった。また、枠組壁工法では平成16年4月、在来軸組工法では平成18年10月に一定の仕様が耐火構造として国土交通大臣の認定を受け、防火地域における建設や4階建て以上の建設の可能性が拡大された。また、丸太組構法建築物については、昭和61年の丸太組構法の技術基準告示(同年施行)及び平成14年の告示改正により、この基準に適合する建築物について建設が可能となった。
 これらの建築物の動態を把握するため、国土交通省が特定行政庁等に対し、該当する建築物の建築確認申請の有無を調査しているものである。
 今回、平成27年7月、8月、9月の木造3階建て住宅及び丸太組構法建築物の建築確認における棟数等について公表する。
 
1.平成27年7月の主な動向
 木造3階建て以上戸建て等住宅の棟数は、2,135棟であり、前年度同月比99.2%となった。このうち防火地域内の棟数は34棟、準防火地域内の棟数は1,566棟であった。
 木造3階建て以上共同住宅については、棟数151棟、戸数1,721戸であり、前年度同月比はそれぞれ167.8%、177.8%となった。このうち防火地域内の棟数は4棟、準防火地域内の棟数は91棟であった。
 丸太組構法建築物の棟数は、49棟であり、前年度同月比81.7%となった。
 
2.平成27年8月の主な動向
 木造3階建て以上戸建て等住宅の棟数は、1,857棟であり、前年度同月比93.7%となった。このうち防火地域内の棟数は24棟、準防火地域内の棟数は1,376棟であった。
 木造3階建て以上共同住宅については、棟数129棟、戸数1,278戸であり、前年度同月比はそれぞれ143.3%、162.4%となった。このうち防火地域内の棟数は5棟、準防火地域内の棟数は87棟であった。
 丸太組構法建築物の棟数は、54棟であり、前年度同月比103.8%となった。

3.平成27年9月の主な動向
 木造3階建て以上戸建て等住宅の棟数は、1,985棟であり、前年度同月比93.0%となった。このうち防火地域内の棟数は19棟、準防火地域内の棟数は1,494棟であった。
 木造3階建て以上共同住宅については、棟数168棟、戸数1,592戸であり、前年度同月比はそれぞれ121.7%、133.9%となった。このうち防火地域内の棟数は7棟、準防火地域内の棟数は110棟であった。
 丸太組構法建築物の棟数は、46棟であり、前年度同月比92.0%となった。
 

お問い合わせ先

国土交通省住宅局 住宅生産課 木造住宅振興室 
TEL:(03)5253-8111 (内線39-455)

Get ADOBE READER

別ウィンドウで開きます

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
左のアイコンをクリックしてAdobe Acrobat Readerをダウンロードしてください(無償)。
Acrobat Readerをダウンロードしても、PDFファイルが正常に表示されない場合はこちらをご覧ください。

ページの先頭に戻る