報道・広報

一級建築士の懲戒処分について

平成20年12月16日

 一級建築士の免許取消又は業務停止に係る懲戒処分は、建築士法第10条第1項各号に該当する場合に、同条第4項の規定に基づき、中央建築士審査会の同意を得て行うこととなっております。     
 このたび、別紙のとおり、一級建築士13名に対する懲戒処分について、12月3日に開催された中央建築士審査会で同意を得られ、同日付けで処分いたしましたのでお知らせします。概要は以下のとおりです。

1.一建設(株)及び(株)アーネストワンが分譲した戸建住宅の設計者である一級建築士(3名)
  ・違反設計(壁量不足による耐震性不足)を理由として、免許取消(2名)、業務停止(1名、3月)

2.(株)田村水落設計が設計に関与した建築物の元請け設計者である一級建築士(1名)
  ・違反設計(保有水平耐力0.61)を理由として、業務停止(6月)

3.その他、違反設計、管理建築士事務所管理不履行等を理由に9名に対し免許取消、業務務停止(1~6月)

 * なお、本件処分に併せて、中国地方整備局において12月12日付けで1名の一級建築士に対する戒告処分がなされ、本日、記者発表されています。

お問い合わせ先

国土交通省住宅局建築指導課 
TEL:(03)5253-8111 (内線39518,39535)

ページの先頭に戻る