報道・広報

平成30年度建設副産物実態調査結果(確定値)

令和2年1月24日

平成30年度に全国の建設工事から排出された建設副産物について、再資源化及び排出量等の調査結果(確定値)をとりまとめましたので公表いたします。

建設副産物実態調査とは

・全国の建設工事や再資源化施設等を対象に、建設副産物の発生量、再資源化状況及び最終処分量等の動向に関する実態を把握するため、概ね5年ごとに実施している統計調査です。
・調査結果は建設リサイクルに関する諸施策の策定及びその効果の進捗状況の把握等に役立てています。

調査結果の概要

(1)建設廃棄物
 平成30年度の建設廃棄物の再資源化・縮減率は、約97.2%と前回調査(平成24年度)より1.2ポイント上昇しています。品目別にみると、アスファルト・コンクリート塊、コンクリート塊は横ばいですが、建設発生木材、建設汚泥、建設混合廃棄物は向上しています。

 また、平成30年度の建設廃棄物の搬出量は、約7,440万トンとなり、前回調査(平成24年度)より約2.4%増加していますが、最終処分量は約212万トンと前回調査(平成24年度)より約26.9%減少しています。

(2)建設発生土
 平成30年度の建設発生土有効利用率は約79.8%と前回調査(平成24年度)より2.0ポイント向上しています。

 また、平成30年度の建設発生土の搬出量は、約13,263万m3となり、前回調査(平成24年度)より約5.8%減少しています。

調査結果の詳細については、添付資料及び、下記をご覧ください。
http://www.mlit.go.jp/sogoseisaku/region/recycle/d02status/d0201/page_020101census.htm  

添付資料

報道発表資料(PDF形式)PDF形式

参考資料(PDF形式)PDF形式

実施概要(PDF形式)PDF形式

お問い合わせ先

国土交通省 総合政策局 公共事業企画調整課 インフラ情報・環境企画室 課長補佐 古堅、施工環境係長 宗光
TEL:03-5253-8111 (内線24523、24525) 直通 03-5253-8271 FAX:03-5253-1551

Get ADOBE READER

別ウィンドウで開きます

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
左のアイコンをクリックしてAdobe Acrobat Readerをダウンロードしてください(無償)。
Acrobat Readerをダウンロードしても、PDFファイルが正常に表示されない場合はこちらをご覧ください。

ページの先頭に戻る