報道・広報

不動産価格指数(平成29年4月・第1四半期分)の公表

平成29年7月26日

○ 不動産価格指数は、IMF等による国際指針に基づき、不動産市場価格の動向を表すものとして、国土交通省が作成したものです。全国・地域別、住宅・商業用別の市場分析を通じて、投資環境の整備などが進むことを目的としています。

○ 今般、不動産価格指数(住宅)及び不動産取引件数・面積(平成29年4月分)並びに不動産価格指数(商業用不動産)(平成29年第1四半期分)を公表します。

○ 今回の公表分のポイントは以下のとおりです。
(1)不動産価格指数(住宅)
○ 2017年4月分の全国の住宅総合指数(2010年平均=100)は110.6、対前年同月比+3.1%の上昇。
○ 住宅地は同+3.8%の上昇、戸建住宅は同-0.7%の下落、マンションは同+6.4%の上昇。

(2)不動産価格指数(商業用不動産)※公表後のサンプル数の増加による修正を行った。
○ 2017年1ー3月分の全国の商業用不動産総合指数(2010年平均=100)は115.5、対前年同期比+4.8%の上昇となり、2012年10-12月分より18期連続でのプラスとなった。
○ 建物付土地総合は122.2、対前年同期比+4.8%の上昇。この内訳を見ると、オフィスは同+6.4%の上昇、マンション・アパート(一棟)は同+6.1%の上昇。

○詳細につきましては、以下の報道発表資料をご覧下さい。

お問い合わせ先

国土交通省土地・建設産業局不動産市場整備課 藤木、丸山
TEL:03-5253-8111 (内線30222、30214) 直通 03-5253-8375

Get ADOBE READER

別ウィンドウで開きます

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
左のアイコンをクリックしてAdobe Acrobat Readerをダウンロードしてください(無償)。
Acrobat Readerをダウンロードしても、PDFファイルが正常に表示されない場合はこちらをご覧ください。

ページの先頭に戻る