海岸

改正海岸法について

1.概要

「海岸法の一部を改正する法律」が第186回通常国会において成立し、平成26年6月11日に公布、平成26年12月10日に全部施行となりました。
海岸法の改正は、平成11年以来15年ぶりの改正となります。

2.主な改正のポイント

  1. 海岸管理における防災・減災対策の推進
  2. 水門・陸閘等の安全かつ確実な操作体制の確立
  3. 海岸保全施設の適切な維持管理
  4. 地域の実情に応じた海岸の維持管理の充実

3.海岸保全基本方針

海岸保全区域等に係る海岸の保全に関する基本的な方針(以下、「海岸保全基本方針」という。)は、海岸法第2条の2に基づき、
今後の海岸の望ましい姿の実現に向けた海岸の保全に関する基本的な事項を示すものとして、農林水産大臣及び国土交通大臣が定めた方針です。
本方針では、国民の共有の財産として「美しく、安全で、いきいきした海岸」を次世代へ継承していくことを、基本的な理念としています。
平成26年12月、海岸法の改正を踏まえ、初めて海岸保全基本方針の変更し、海岸のより望ましい姿の実現に向けた取組の推進を図ります。

4.その他(リンク集)

ページの先頭に戻る