ホーム  >> 水管理・国土保全局トップ  >> 環境  >> 多自然川づくり

水管理・国土保全局

環境

多自然川づくり

○はじめに

  • 平成2年に、「多自然型川づくり」として、河川が本来有している生物の良好な生育等環境に配慮し、あわせて美しい自然景観を保全あるいは創出するため、試験的に開始されました。
  • このような取組のもと、多自然型川づくりが定着しつつある一方で、依然として、画一的な標準横断形での河道計画や、河床や水際の単調化など、課題の残る川づくりも見られます。
緩勾配を優先させたため、極端に河床幅が狭くなっている事例 みお筋が固定され、河床に植物が繁茂した事例
< 緩勾配を優先させたため、

極端に河床幅が狭くなっている事例 >

< みお筋が固定され、

河床に植物が繁茂した事例 >


  • 平成18年に、「「多自然型川づくり」レビュー委員会」の提言を踏まえ、次の点に取り組んでいます。
    • 特別なモデル事業であるかのような誤解を与える多自然「型」から脱却し、普遍的な川づくりの姿としての「多自然川づくり」へ展開することとしました。
    • 「多自然川づくり基本指針」を定め、多自然川づくりをすべての河川における川づくりの基本として取り組むこととしました。
緩勾配を優先させたため、極端に河床幅が狭くなっている事例 みお筋が固定され、河床に植物が繁茂した事例
< 水際部の変化を復元した事例 >

< 瀬・淵を再生した事例 >


○関連情報

  • 詳しい情報は、次のメニューをクリックして次へ進んでください。
多自然川づくりとは 最近の川づくり
災害後の川づくり
関連文書
 

Copyright© 2007 MLIT Japan. All Rights Reserved.

国土交通省 〒100-8918 東京都千代田区霞が関2-1-3

アクセス・地図(代表電話)03-5253-8111