国際

米国ハリケーン・サンディに関する現地調査

国土交通省では、防災関連学会と合同で、米国ハリケーン・サンディによる災害についての調査団を派遣。


1.ハリケーン・サンディによる被害
  • 2012年10月29日、アメリカ合衆国ニュージャージー州に上陸し、大都市であるニューヨークを直撃
  • 高潮により地下鉄等が浸水し、800万世帯が停電したことなどから、交通機関の麻痺、ビジネス活動の停止を通じて経済・社会活動に影響
  • 死者はアメリカ全土及びカナダで132名(うち43名がニューヨーク市内)。
  • ニューヨーク州及びニュージャージー州の被害額は合わせて8兆円規模

2.調査団の派遣とその目的

3.派遣期間

平成25年2月22日(金)~平成25年3月4日(金)
平成25年4月22日(月)~平成25年4月26日(金)




〔対応等〕

〔緊急メッセージの報告について(平成25年10月9日)〕

〔記者発表〕
icharm International Flood Network SABO NETWORK

ページの先頭に戻る