ホーム  >> 水管理・国土保全トップ  >> 指針・マニュアル  >> 河川工事用材料の性能規定化に向けた取組について

水管理・国土保全

河川工事用材料の性能規定化に向けた取組について
〜直轄河川工事で用いられる「袋型根固め用袋材」及び「鉄線籠型護岸」について性能規定を導入します〜

土木や建築における工事用材料については、新技術・新材料の導入による品質・性能の向上やコスト縮減を促進する観点から、性能規定化の移行に向けた取組が進められております。

直轄河川において用いられる工事用材料についても、性能規定を導入することで、より安く品質の高い河川整備が期待されることから、今回、「袋型根固め用袋材」及び「鉄線籠型護岸」について、性能規定を導入することとしました。

なお、上記材料の性能規定については、平成21年度末までを同規定の周知期間とし、その期間内は従前規定による材料も使用可能とします。

また、上記以外の河川工事用材料についても、今後、性能規定の導入可能性について検討を進める予定です。


※詳細な内容については、国土交通省HPの「河川 技術・情報」(http://www.mlit.go.jp/river/gijutsu/ryuikikadai/index.html)をご覧ください。


添付資料


問い合わせ先

国土交通省河川局治水課 河川保全企画室 課長補佐 竹下哲也(内線35-622)
  代表:03-5253-8111 直通:03-5253-8455

Copyright© 2007 MLIT Japan. All Rights Reserved.

国土交通省 〒100-8918 東京都千代田区霞が関2-1-3

アクセス・地図(代表電話)03-5253-8111