ホーム >> 政策・仕事  >> 水管理・国土保全  >> 指針・ガイドライン等  >> 海岸  >> 津波・高潮対策における水門・陸閘等管理システムガイドライン

河川局


津波・高潮対策における水門・陸閘等管理システムガイドライン




 我が国においては、東海・東南海・南海地震等の大規模地震発生の切迫性が指摘され、それに伴い発生する津波により甚大な被害の発生が想定されています。また、平成16年12月に発生したインド洋大津波は改めて津波被害の恐ろしさを我々に認識させるものとなりました。
 このような中で、平成17年3月に国土交通省は「津波対策検討委員会 提言」をとりまとめました。提言では、今後、概ね5年以内に緊急的に対応すべき具体的な対策として、津波や高潮の災害から地域を守るため、重要沿岸域のうち地域中枢機能集積地区において、堤防等の開口部である水門・陸閘等の自動化・遠隔操作化等を概成することなどが明示されています。
 国土交通省及び農林水産省では、平成13年度より、津波・高潮等の海岸災害により壊滅的な被害を防止し、当該地域の人命・財産の保全を図るため、水門等の海岸保全施設の一元的な遠隔制御を行うための拠点である「津波・高潮防災ステーション」の整備を進めているところです。
 しかしながら、水門等の自動化・遠隔操作化を行うにあたっての考え方や、水門等を津波や高潮の到達前などに、いかに安全かつ迅速・確実に閉鎖するかについての考え方を示したガイドラインが存在しないのが現状です。
 このため、水門等を津波や高潮の到達前などに、安全かつ迅速・確実に閉鎖するための考え方を示したガイドラインを策定することを目的に「水門・陸閘等管理システムガイドライン策定委員会」を設立し、平成17年10月から3回にわたる委員会の検討を経て本ガイドラインを策定しました。
 本ガイドラインが、津波・高潮対策のための水門・陸閘等を管理、運用する自治体及び機関等において、水門・陸閘等を安全かつ迅速・確実に閉鎖するための設備、体制、運用等を改善あるいは構築する上での指針となり、津波・高潮防災対策推進の一環となることを期待しています。

表紙・はじめに・目次(PDFファイル、45KB)
第1章   総 則(PDFファイル、154KB)
第2章   設計手順(PDFファイル、41KB)
第3章   現状把握・評価(PDFファイル、44KB)
第4章   総合的検討(PDFファイル、159KB)
第5章   設備設計(PDFファイル、664KB)
第6章   体制・運用(PDFファイル、38KB)
第7章   点検・整備(PDFファイル、33KB)
添付資料1 調査/改善案票とチェックシートの記載例(Excelファイル、109KB)
添付資料2 要領/規則/細則例等(PDFファイル、62KB)
添付資料3 体制/系統図例等(PDFファイル、45KB)
添付資料4 水門・陸閘等管理システムの整備事例(PDFファイル、795KB)
添付資料5 参考事例(PDFファイル、61KB)

【全体印刷用ファイル】(PDFファイル、1,832KB)


資料のpdfファイルを見るためにはAcrobat Readerが必要です




| 指針・ガイドライン等へ戻る |

Copyright© 2007 MLIT Japan. All Rights Reserved.

国土交通省 〒100-8918 東京都千代田区霞が関2-1-3

アクセス・地図(代表電話)03-5253-8111